戌年である2018年。




干支から今年の運勢を紐解いて、
そこから導き出される「2018年限定の開運のヒント」をお伝えします!


これで2018年はよりハッピーな年になるかも!?

2018年限定・開運のヒントとは?

干支から2018年を占うと?

2018年は戌年。


「戊戌」の年で、「つちのえ いぬ」と読みます。



「戊」は「茂る」からきており、
植物の成長が絶頂期にあるという意味です。


「戌」は「滅」からきており
滅びるから、草木が枯れ果てる状態です。



五行占いでは、「戊」=陽土、「戌」=陽土の性質を持ち、
同じ陽土が2つ重なります。


これを「比和」といいます。


比和になると、徹底的に幸せか徹底的に不幸せか、
という両極端な結果になることが多いです。



また陽土は土ですから、水を必要とします。


そこから、大雨や洪水にも注意が必要です。


自然災害でいいますと地震が増えそうな気配がします。


特に太平洋側の地域の方は注意が必要かも・・・。



経済はというと、順調に推移しますが、
戊戌は、節目の年であり大改革の年。


既成概念を打ち破った企業が台頭してくるかもしれませんね。


2018年の開運のポイントは
「これまでの仕組みや常識を変えていくこと」
ということになります。



あずきあずき

干支の意味を知っているとイイね!

スポンサーリンク


2018年限定の「開運のヒント」

ここから2018年限定の開運のヒント」は、次のようになります。



1)変化がイヤだなーと思う時は「変化はチャンス」と考える

 「戊戌」の年は60年に一度しかありません。
 ずっと同じままだと、なあなあになってしまい衰退しているのと同じ。
 化学変化を恐れず、変化はチャンスだと捉えてみましょう。
 変化によって起こる流れを利用するつもりで。



2)家庭内の仕組みを変えてみる

 例えば、いつもゴミ出しをお父さんがしている家庭なら、息子がゴミ捨て担当にするとか
 週に一度は、夫が料理を担当する・・・など
 普段と違うことをしてみてはいかがでしょうか?



3)頭を柔軟にして新しいアイディアを考えてみる

 「今までは○○だから・・・」と過去にとらわれていると、新しいチャンスをつかめません。
 頭を柔軟にして、今までとは全く違うことでも「やってみる」ことが大切です。



4)貯金の仕方を変えてみる

 今までは「余ったお金」を貯金していたかもしれません。
 いつもと違う貯金の仕方を探してみましょう。
 例えば、投資を始めてみる、財形貯蓄や旅行積み立てを始めてみる、
 積み立てを始める、そもそも通帳を違う銀行でつくってみる
 ・・・など、今までしていなかったことをしてみましょう。
 金運の流れも変わってくるでしょう。



5)模様替えをしてみる

 部屋の模様替えをしてみてはいかがでしょうか?
 家具を動かすだけで、気の流れが変わります。
 模様替えしても変化が余り感じられないときは「引越し」もアリですよ。



変化はチャンスと前向きにとらえることが2018年の開運のコツです。


2018年の変化は2019年につながっていきます。

あずきあずき

5つのポイントに気をつけて、良い年にしよう!


今日のことだま

2018年は変化を起こして開運しよう!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓