「息を合わせる」本当の意味?

息を合わせる=呼吸を合わせる

力を合わせたり、心が通いあったり、
意思を通じ合わせたり、



 

そんな時には
息を合わせる』といいますよね。

 

これって、
実は本当に呼吸を合わせることなんですよ!

 

NLPという心理学にあるのですが、
いすを2脚、横にピッタリ並べて
2人が座ります。

 

さあ、ここからが実験です。

 

Aの人は普通に呼吸をします。
Bの人はAの人の呼吸に合わせて
吐いたり吸ったりします。

 

しばらく続けます・・・。

 

2、3分したら、
Aの人はわざとBの人と違うリズム
呼吸をするのです。

 

あずきあずき

不思議な実験だな~?

スポンサーリンク




実験結果は?

さて、Aの人は
呼吸のリズムが一緒の時と
リズムがバラバラの時と
どのように感じたと思いますか?

 

実は・・・
呼吸が合っているとき
自然な感じや心地よさを感じます。

 

呼吸がバラバラの時
なんか違和感ある~!

 

不思議なのですが、
実際に体験して感じてみてくださいね!

 

例えば、小さいお子さんがぐずっているとき
呼吸を合わせてみてください。
それだけで、子どもが落ち着く作用があります。

実際に、私が経験しました!

 

子どもがあっという間に眠りますzzz・・・

 

恋人と一緒にいるとき、
大切な人と話すとき、
友達と過ごすとき・・・

 

いろんなところで意外に使える小技ですよ!

 

あずきあずき

僕の隣でもやって!やって!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓