呼吸でハッピーになる方法とは・・・?

呼吸は心にも影響する

1日ごはんを食べなくても死なないけれど、
10分も呼吸しないと死んでしまう・・・。



無意識に行っている「呼吸」だけれど、
実はとっても大切で、
「生きる」ためだけではなく、
心にも影響するんですよ。

 

「呼吸する」という当たり前のことを
ちょっと意識するだけで、
ハッピーになることができるんですよ!

 

では、そもそも「呼吸」とは何なのでしょう?
辞書で調べると・・・次のような意味が書かれていました。

」=息を吐く
」=息を吸う

つまり、呼吸とは
吐いてから→吸う
のが正しいのです。

でもラジオ体操などで行う深呼吸は
「吸って~ 吐いて~」
・・・という順番ですよね。

普段、私たちはこの
吸って→吐く」という順番で
呼吸をしています。

 

ここで!
ちょっと意識をして
①鼻からゆっくりと吐く
②息を吐ききった反動で息を吸う

息を吐ききると、自然と息を吸い込めます
意識して息を吸うのではなく、
吐く息に意識を向けるのです。

実際に行ってみると、
呼吸が深くなるのが実感できます。

 

吸う息には
交感神経を刺激する作用がありますが

吐く息には
副交感神経を刺激する作用があります。

 

つまり、
吐く息を意識することで
リラックスするだけでなく、
深い呼吸になることから
セロトニンが増える作用もあるようですね。

実は、セロトニンの量とうつ病には
関連があるともいわれています。
深い呼吸をすることで、
悶々としたときや悩んでいるとき、
プチうつのときにも効果がありそうです。

 

あずきあずき

呼吸にはいろいろな効果があるんだ!すごい!

 

スポンサーリンク




吐いて→吸う呼吸でリラックス!

呼吸の1日の周期
26000回といわれます。

海の波の1日の周期
26000回だそうです。

波の音を聞いて癒されるのは
周期が同じだからかもしれません。

 

1分で計算すると
約18回

ちょっとゆっくりなペースです。

このペースを守るには
吐いて→吸う
この呼吸がピッタリ!

 

私は寝る前に
布団の中で
「吐いて→吸う」呼吸法を行っています。

考え事をしていて、なかなか眠りにつけないとき、
目が冴えてしまって、眠れない~と焦ってしまうとき、
そんなときこそ「吐いて→吸う」呼吸の出番!

 

身体がリラックスして、
あっという間に
深~く眠ることができます

 

ここからは「吐いて→吸う」呼吸が身についた方に
プチ情報です。

まずは、呼吸に意識を向けて、
呼吸に慣れてきたら、自分の体に意識を向けます。
体の中に違和感がありませんか?
体の中に黒いものが見えたり疲れが見えたりしませんか?

 

そんな不調の部分を
吐く息とともに、口から出すイメージをします。
しばらく続けてみると、
あ~ら不思議。体がキレイになった感じがしてきます。

これ、なかなか効果がありますよ。
瞑想するときにも使えそう!
特に寝る前に行うと、翌朝スッキリ!です。

 

あずきあずき

僕にも効果があるのかな?今晩やってみるワン!

 

center>人気ブログランキング 今何位か確認する↓