おうちで楽しむ薬湯

身近なものが薬湯になる

家に帰って、あったかいお風呂に入ると
はぁ~
って癒されますよね・・・。



 

一日の疲れが取れる感覚がありますが、
それだけではなく、
美容効果やリラックス効果も期待できます。

 

そんなバスタイムに
身近なものをつかってできる
薬湯」体験してみませんか?

 

保湿効果抜群!茶殻湯

 

お茶の出がらしはそのまま入浴剤になります。
カテキンなど健康成分がある出がらしを
ティーバッグにつめ、お風呂にプカプカ。
保湿効果・水虫にも効果あり。

 

あずきあずき

普通は捨てるところなので、経済的だワン!

スポンサーリンク




他にもある!薬湯の作り方

美肌効果に期待!レモン湯

 

レモンビタミンCたっぷりの果実。
レモン3個ほどを輪切りに切って、
ネットに入れてお風呂に浮かべます。
食べなくても、お風呂で
ビタミンC効果が期待できます。

 

ポリフェノールたっぷり!リンゴ湯

こちらも美肌効果が期待できます。
よく洗ったりんご2~3個分の皮や芯
ネットに入れて、湯船に浮かべます。
果実は食べて、残す部分で薬湯になるので、
とっても経済的
新陳代謝を促進させる効果もあり。

 

お肌つるつるミカン湯

ミカンは皮の部分にも
ビタミンCやクエン酸がたっぷり。
よく洗った皮を乾燥させ、
ガーゼなどの布袋にいれて湯船へ。

 

リラックスできる!しそ湯

細かく刻んだしその葉
ガーゼや布の袋に入れ湯船へ。
その香りでリラックス効果が。
風邪予防や肩こりの緩和に効果的。

 

血行促進大根の葉湯

葉のついた大根を見つけたら、
さっそく試してみましょう。
よく乾燥させた大根の葉1本分を
細かく刻み、ティーバッグにつめて
お風呂に浮かべます。
ビタミンAが豊富な大根の葉は
血行促進効果があり、
身体がポカポカします。

 

身近なもので入浴剤ができます
科学的なものではないので、
安心、安全

 

ぜひお試しください!

 

あずきあずき

いろんなものが入浴剤になるんだね!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓