優柔不断は健全なの?


「決められない」「いつも悩んでしまう」



そんな風に思って、自己嫌悪になる必要はありません。

だって、健全だからこそ、優柔不断なのですから。

人間は迷う生き物である


「人間は考える葦である」という言葉がありましたが、「人間は迷う生き物である」がぴったりくるような気がします。


生きていると大きさこそあれ、決断の連続です。


「さあ、起きよう」という決断から始まり、「何を食べるか」、「何をするか」など、起きてから寝るまで決断し続けなければなりません。


迷っても迷わなくても、結局結果は同じ…なんてことは多々あるものの、迷わずにはいられません。


でもこの「迷う」という行動は、人間が間違った選択から自分を守るための健全な反応なのだそうです。


つまり、迷ってOK!


迷うのは健全な証し・・・なのですね。


あずきあずき

迷うことは悪いことじゃないんだね!


スポンサーリンク

深く迷うのも良い経験と割り切ってみる


「私は決断できない」などと、自分を責める必要はないのです。


迷って決断できないときは、「深く迷ってみるのも良い経験だ」と割りきってみてはいかがでしょうか?


割り切りができると、心の切り替えも出来るようになります。


心が切り替わると、方の力も抜けてきますので、案外ラクに答えが出るようになるかもしれませんよ。


優柔不断は悪いことばかりではなく、時には必要なことなのかもしれませんね。


優柔不断、ばんざい!


そう思っていると、迷わなくなって、決断の早い人になれる近道かもしれません。


あずきあずき

迷っても大丈夫!決めなきゃ、と焦る必要はないね!

今日のことだま

迷った時、決断できないときは

「迷うのは健全な証拠!」

と割り切ってみましょう。


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓