日本国内でも利用者数が最大のひとつである東京駅は、日本国民だけでなく多くの外国観光客でも賑わうところです。



新幹線が停車する駅でもありますので、地方からでも多くの方が利用されます。

そんな東京駅にもパワースポットがひっそりと位置するところがあります。



東京駅にもあった!幸せの仔豚像



以前イタリアの街フィレンツェの記事でもご紹介しましたが、
ここ東京駅にもいました!!


正確には東京駅すぐ近くの八重洲地下街の一角です。

幸せを運ぶ仔豚の像ポルチェリーノです。




イタリアフィレンツェのおすすめパワースポット


このブロンズ像は、
イタリア・フィレンツェにあるウフィツィ美術館第二廊にある、「猪」の大理石像を模刻したものです。

この像は、ローマ法王からイタリア・メディチ家に贈られたものと言われています。

また、17世紀に活躍したイタリアの彫刻家ピエトロ・タッカが作ったこの大理石像の複製画、フィレンツェ市内の市場に設置され、「Porcellino(仔豚)」と呼ばれて長く親しまれてきました。

この仔豚像の鼻先を撫でると幸運がもたらされる、と言われており、フィレンツェを訪れる人々に人気があります。



フィレンツェの像と同様に、ここ東京駅八重洲地下街のこの像の鼻もピカピカになっています。





全世界で愛されているポルチェリーノ像。


アルパアルパ

わざわざフィレンツェに出掛けなくても、こちらで会うことができます。

場所は、外堀地下一番通りの南に位置する『センタースポット』の一番奥にいます。





本物の猪くらいの大きさがあります!


お近くに来られた際にはぜひポルチェリーノに会って、鼻をなでてあげてくださいね。


きっとあなたにも幸せを運んできてくれますよ。




八重洲地下街への行き方



東京駅の玄関口は、八重洲口、丸ノ内口、日本橋口があります。


東京駅丸ノ内口は皇居にほど近い玄関口で、赤煉瓦造りの美しい外装をしています。



八重洲口は近代的な外装に囲まれた玄関口で、地下には商業施設が立ち並ぶ八重洲地下街があります。





そして日本橋口は、東京駅の西の玄関で、車やバスの乗降場所としても利用されています。


八重洲地下街へ行くには、東京駅八重洲口から地下に下ります。


八重洲中央口はもちろん、八重洲北口、南口からもアクセスすることができます。ポルチェリーノに合う目的のみなら、八重洲南口からのアクセスが便利です。





八重洲地下街は、東京ドーム約1.5倍の広さを持ち
ファッションやグルメなど約180店舗の商店が軒を連ねています。


縦、横と碁盤の目のようなお店並びで、あちらこちらに行先や場所の看板やマップがあり、わかりやすくなっています。


コンビニや郵便局、マッサージやネイル屋さん、ドラッグストアカフェ、携帯屋さん、旅行会社、保険会社までも揃っていますので、とても便利です。

その通りの一角に八重洲の名前の由来となった、ヤン・ヨーステンの銅像があります。



彼の名前が由来で『やえす』と呼ばれるようになったそうです。


東京だけでなく、実は日本各地でポルチェリーノに会うことができます。詳細はこちらから


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓