アンカリングでパフォーマンスを上げる方法とは?

アンカリングとは?

「ある場所に行くと
 思い出がよみがえる・・・」



 

「○○の曲を聴くと
 その時の感情を思い出す

 

そんな体験はありませんか?

 

特に辛い思い出などの場合は
「思い出すから行きたくない」
ということも多いのではないでしょうか。

 

これを心理学では
アンカリング」といいます。

 

アンカリングとは、
五感からの情報がきっかけになり
特定の感情や反応が引き出されるプロセスのこと。

 

イチロー選手は
ホームに立ったときに
バットで前に突き出すポーズをしますよね。

 

あれです。

 

特定の動きをすることで
最高のパフォーマンスを引き出すようにしているのです。

 

あずきあずき

僕もうんちとおしっこの時は、ダンスしないとできないのだ!

 

スポンサーリンク




意識的にアンカリングする

アンカリングは感情体験が
強ければ強いほど強力なアンカーがかかります

 

このアンカリング、
上手に使うと、ものすごい効果を発揮します。

 

例えば、ベッドで本を読む習慣のある人は
「ベッドに行くと本を読みたくなる」という
アンカーがかかっています。

 

同じようにお子さんが部屋でゲームをしていると
部屋に行くとゲームをしたくなるんですね。

 

リビングのテーブルでしかゲームをしない
というアンカーをかけておけば、
リビングのテーブルにくると
ゲームをしたくなる・・・
ということになるわけです

 

ゲームや読書、音楽を聴く場所など
それぞれの行動する場所
あらかじめ決めることで
自然にそれをしたくなるように
設定しておくといいですよ!

 

心理学ではアンカリングを
もっと効率的に設定することができます。

 

アンカリングを上手に使うことで
自分の最高の状態を作ることができるのです。

 

あずきあずき

僕も何かアンカーを作ろうかな?


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓