厄年の過ごし方、注意することとは?

厄払いの時の注意点

引き続き、厄年の話です。



 

お正月や連休、お盆あたりに多いのですが、
同級生が揃って厄年のお祓いに行くというイベント。
神社で厄払いのあと同窓会に突入パターン(笑)。

 

実はこれ、ちょっと危険なのです。
大勢で厄のお祓いをする
厄払いできる方もいますが、
逆に他の人の厄をいただいてくる場合もあるのだとか。

 

きちんと厄払いできればいいですが、
厄をもらった方は、たまったもんじゃありません

 

ただ、どんな人が厄をもらうのか
その場にならないとわからないそうです。
なので、
できれば大勢で行かず
一人で厄払いに行く方が安全

 

あずきあずき

楽しいイベントで良さそうな気がするけど違うんだね!

スポンサーリンク




厄年の過ごし方

きちんと厄払いすれば大丈夫。
そして、厄年の過ごし方
新しい事にチャレンジするよりも
自分磨きに精を出す方が◎。

 

厄年におこなった自分磨きは
厄が明けてから、ものすごく成果がでます

 

ただし、自分磨きでも
危険を伴ったり行動的なものは避け
静かに学ぶ・・・そんなイメージです。

 

自分磨き=勉強する、という意味合いです。

 

厄年を怖がらず
逆に次のチャンスをつかむための勉強の期間
と思って過ごすのが良さそうです。

 

あずきあずき

僕も勉強するワン!

この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓