西洋占星術にも厄年ってある?

厄年って何?

「占いなんて信じていない」
という人でも、厄年を気にする人は
結構いるようです。




そもそも「厄年」って何なのでしょうか?


厄災が多く降りかかるといわれる
特定の年齢のことです。


例えば、同じ怪我をしても
厄年ではない年のときは軽傷ですんだのに、
厄年の時には、大きな怪我になり
入院することになった・・・
という話はよくあります。


事件や事故に巻き込まれた人のニュースをみると
厄年、という人が意外に多いのも事実。


ちなみに男性の厄年
25歳、42歳、61歳。


女性の厄年
19歳、33歳、37歳、61歳。


この年齢を「本厄(ほんやく)」といい、
本厄の前年を「前厄(まえやく)」、
本厄の次年を「後厄(あとやく)」といいます。


前厄+本厄+後厄の3年間、注意が必要となります。


ちなみにこの年齢は数え年になります。


数え年とは、
お腹の中にいた期間も含めた年齢で、
満年齢+1歳となります。


今現在、28歳の人は
数え年29歳になるのです。


厄年の時はあまり活発にならず、
厄年が明けた後に向けて
エネルギーを充填する年にしましょう。

あずきあずき

厄年って、エネルギーを貯めたり勉強したりするのにいいんだね!


スポンサーリンク

西洋占星術にもある!厄年とは?

ところで
「厄年なんて、日本だけでしょ?」
という人もいるかもしれませんね。


でも実は、ヨーロッパ生まれの
西洋占星術にも「厄年」は存在します


西洋占星術の厄年は
サターンリターン」という名前になります。


直訳すると「悪魔の帰還」。


いかにも「厄年」っぽい名前ですよね。


サターンリターンは29歳~30歳までの1年間


ちょうど土星がホロスコープの
十二宮の星座を一周して
生まれた時の位置に戻ってくる年齢です。


土星は英語で「Saturn(サターン)」。


Satan(悪魔)」のスペルと似ているので、
この1年を不吉な年と定められたそうです。


意外にあっけない理由ですよね(笑)。


あずきあずき

不吉でもなさそう・・・だね!意外な理由だなぁ


今日のことだま

厄年は次のステップの充電期間

西洋占星術にも厄年がある


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓