12月30日に今年最後の満月になります。

関東地方を中心に、太平洋側ではきれいに見えているようです。

今年最後の満月である、コールドムーン。

この名前の由来、そしていつ最後の満月が見れるのか、まとめてみました。

 

最後の満月コールドムーンの名前の由来は?

日本では、中秋の名月が有名で、毎回の満月の名前を呼ぶことはありません。

ネイティブアメリカンは、毎月見る月に名前をつけていました。

季節ごとの自然の風景を、月の名前で表しているのです。

コールドムーンの名前の由来は?

 

12月30日に見れる、今年最後の満月は『コールドムーンと名づけられています。

由来は、ズバリ12月の満月は夜が一番長い時に見れる満月、一番夜が深い時に見れる満月で、寒い季節の満月だからです。

名前のままですね。

ネイティブアメリカンでも、様々部族があり、部族によってつけている名前も変わってくるそうです。

例えば、

クリ族:Frost Exploding Trees Moon

(枝葉が凍り破裂する音が聞こえる)

モヒカン族:Long Night Moon

(夜が一番長い時に見れる月)

 

満月の名前に触れてみると、自然とともに日々を過ごしていることを感じられます。

 

最後の満月コールドムーンを見る時間は?

2020年12月30日PM12:28~満月になります。

12月30日夜~31日明け方に、最後の満月「コールドムーン」は空に現れます。

しかし、地域によっては天候に左右され、見づらくなることもあります。

最後の満月を見る時間は?
引用:ウェザーニュース

最後の満月『コールドムーン』関東地方を中心に太平洋側で見られる予報となっています。

 

最後の満月『コールドムーン』を外で見るなら、暖かくしてご覧くださいね。

 

 

SNSの反応は?

 

 

 

 

 

 

 

 

良い年をお迎えください!