暦で開運!行動する時間帯を知る方法

基本となる12直とは?

暦で開運する方法ってご存じですか?



 

毎日は同じ日のようで、
同じ日ではありません

 

「○○しても良い日」というのもあれば
「○○してはいけない日」
というものもあります。

 

「してはいけない日」に行動すると、
結果、うまくいかなかった
苦労が絶えなかった
ということが起こりがちです。

 

どうせ動くならスムーズに、
しかも結果を残したいもの。

 

そんなときこそ、昔からの智恵で
暦を活用してみましょう!

 

日めくりカレンダーには
「たつ」「のぞく」「とる」
というひらがな表記のものや
「建」「除」「執」
という漢字表記のものがあります。

 

これは一体、何???

 

子どもの頃からそう思っていました(笑)。

 

これこそが開運するための暦の一つです。

 

12直というのですが、
その日の運勢を表すものです。

 

建:たつ → 万物を建て生じる日
 建築関係、結婚など祝い事、旅行は
 動土、船に乗る、大金を払うのは

 

除:のぞく → 障害を取り除く日
 不浄祓い、薬の飲み始め、大掃除は
 結婚、旅行、買い物は

 

満:みつ → 全てが満たされる日
 結婚、移転、建築、旅行、神仏祭礼は
 動土は

 

平:たいら → 物事が平らかになる日
 結婚、建築、買い物、神仏祭礼は
 ガーデニング、高いところに登るのは

 

定:さだん → 善悪が定まる日
 建築、結婚、移転、車の購入は
 旅行、草木の植え替えは

 

執:とる → 執り行う日
 建築、ガーデニング、水仕事、神仏祭礼は
 移転、旅行、買い物は

 

破:やぶる → 物事を突破する日
 魚釣り、人を訪問するのは
 その他はすべて
 争い事は大凶

 

危:あやぶ → 物事を危惧する日
 結婚、建築、ガーデニングは
 高いところに登る、車や船に乗るは
 夜道に注意

 

成:なる → 物事が成就する日
 結婚、旅行、入学、神仏祭礼は
 訴訟、競争、買い物は

 

納:おさん → 物事を納め入れる日
 入学、祝い事、建築、移転、買い物は
 葬儀、神仏祭礼、旅行は

 

開:ひらく → 開き通じる日
 移転、結婚式は
 葬式は

 

閉:とづ → 閉じ込める日
 万事
 ただし、墓を建てる、穴をふさぐは

 

あずきあずき

昔の偉い人が使ってたものかな?


スポンサーリンク




では、一日のうちで行動したら良い時間帯というものが
あるのでしょうか?

 

・・・はい、あります(笑)。

 

それは、六曜でみていきます

 

六曜は「大安」「友引」「仏滅
という、あれ!です。

 

結婚式は大安がよく、仏滅はダメとか、
葬式は友引の日を避けるとか、
日常生活でもよく使っています

 

時間帯は、次のようにみていきます。

 

先勝:午前中。午後

先負:午前。午後

大安:一日中。何時でもOK。

赤口:正午のみ
 午前11時~午後1時の間のみOK。

友引、仏滅:時間には影響されない。

 

という風にみていきます。

 

暦を上手に使うと
運気を上手に使え

 

良いものは、より良く
悪いものは、最小限に少なく
することができますよ!

 

あずきあずき

僕にはあまり時間って関係ないワン!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓