「11」と「22」は、なぜ特別な数字なのか?

万物の根源は数である

数秘術という占いをご存じですか?
生年月日や名前などを数字に変換して
その数字から占うというものです。



 

数秘術をはじめたのは、
あのピタゴラスだといわれています。

 

ピタゴラ・スイッチ♪

 

という歌が聞こえてきそうですが・・・(笑)。

 

学生時代に「ピタゴラスの定理」とか
三平方の定理」とか習ったと思いますが、
そのピタゴラスです。

 

(あぁ、遠い記憶がよみがえる~(笑)。)

 

それはさておき、
ピタゴラスは「万物の根源は数である
という思想を持っていました。

 

簡単に言うと、
世の中の事象はすべて数字で説明できる
ということですね。

 

例えば、ピタゴラスは
1=神、2=女、3=男
をあらわす、といっています。

 

2+3=女性と男性が合わさって「結婚
6=1+2+3神と人間が調和した完全な数

 

6の約数は、1、2、3の三つで
6自身を含まない約数を足した数一致します。

 

このような数を「完全数」というのだとか。

 

あずきあずき

むむむ・・・。数字には秘密と謎が隠されていそうだワン!

スポンサーリンク




10と22が特別視される理由とは

ここで話しを戻して・・・
数秘術は1~9の数字を使って
占っていきますが、
「10」と「22」という特別視する数字があります。

 

1~9で良いのでは?
と思ってしまうのですが、
コレには理由があるのです。

 

まずは「10」。
モーゼの「十戒」にあらわされるように
「10」には特別な意味があるようです。

 

また私たちは普段「10進法」を使いますよね!

 

万物は、点(1)、線(2)、面(3)、立体(4)から
成り立っています。
なんと、これらを足すと10になるのです!
点(1)+ 線(2)+ 面(3)+ 立体(4)=10

 

すごい一致ですよね!

 

そして「22」。
この22という数字には神の意志が宿っているといわれます。
その理由はヘブライ語にあります。

 

ユダヤ教のヘブライ語聖書
キリスト教の旧約聖書の創世記によると、
神は「光あれ」と言葉を発することで、
天地創造をはじめたといわれています。

 

その後、ものに名付けをし、その名前を呼ぶことで
万物を創り出した・・・というお話しです。

 

このヘブライ語

 

12の単音文字7つの複音音子
3つの母文字からできています。

 

12+7+3=22!

 

ヘブライ語は22文字から成り立ち
このヘブライ語で
天地創造を成し遂げたことを考えると
22が特別な理由も頷けます。

 

1~9の数字で本当に占えるのか、
ちょっと眉唾のような気もしますが・・・。

 

この数秘術、なかなかすごい占いなのです。
的中率もそうですが、
性格運勢もって生まれたもの
人生の目的前世未来についても
知ることができるのです!

 

わりとお手軽にできる占いですから、
一度チャレンジしてみると面白いですよ!

 

あずきあずき

僕も数秘術で占ってみたいワン!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓