世界で唯一の「元号」。
いろいろな意味で特殊な国である日本を
象徴している元号のトリビアです。



↓こちらもご覧ください↓

他にもある!元号のトリビア


元号は一世一元制

平成31年4月30日で「平成」が終わり、
新しい元号=新しい時代になろうとしています。


明治時代、皇室典範で「一世一元制」になり、
一代につき、一つの元号となりました


それまでは、大きな事件や災害があったり
吉兆があらわれたりすると改元していました


平均5年で変わっていた計算になります。


昭和、平成を知る私にとって、
非常に短いです(笑)。


現代で5年に一度、元号が変わっていたら、
システム担当者は大変ですよね。



ところで元号を決めるのは、もちろん天皇。


その中でも特殊なのは「明治」です。


な、なんと「明治」はくじ引きで決めたのです!


神様の子孫である天皇が引いたくじですので、
ある意味、ご神託なのでしょうか。


ちなみに「明治」は過去、10回候補に挙がっていたのですが、
11回目で(しかもくじ引き!)日の目をみました



あずきあずき

くじ引きはすごいなー!


アルパアルパ

明治神宮のホームページ「Q&A」に載ってるよ

元号の最長ランキング

元号は平均5年で変わっている計算になりますが、
最短記録は74日


暦仁(りゃくにん)」という元号で、
「略人(りゃくにん)=人がいなくなる」につながるという
うわさが流れ、縁起が悪いことから改元されました。


元号の一番長いのは昭和。


64年間です。


第2位は明治の45年。


第3位は応永の35年、第4位は平成の31年です。


ちなみに20年以上続いた元号は12例しかありません


近代の明治、昭和、平成のほか、

  • 天平(てんぴょう)21年
  • 延喜(えんぎ)23年
  • 延暦(えんりゃく)25年
  • 正平(しょうへい)25年
  • 天文(てんぶん)24年
  • 天正(てんしょう)20年
  • 慶長(けいちょう)20年
  • 寛永(かんえい)21年
  • 享保(きょうほう)21年

の12例となっています。



あずきあずき

平成は短い気がするけど、実際は長いんだね


アルパアルパ

元号って短い・・・




スポンサーリンク


他国とかぶった元号がある!

今は日本にしかない元号ですが、
かつては中国やベトナム、朝鮮などにも元号がありました


日本と他国と元号が被ったのが37例あります。


そのうち「天慶」はなんと5か国でかぶっているのです。


  • 日本(937~947年)
  • 興遼(1029~1030年)
  • 遼(1111~1120年)
  • 西夏(1194~1206年)
  • 後陳朝ベトナム(1426~1428年)

「天慶=天の慶び」という縁起の良さを
どの国でも感じていたのでしょうね。


元号に使われている文字は?

元号は247ありますが、
使われている文字は72字だけです。


72字のうち21字は10回以上使われています


最も使われているのは「永」


29回使われています。


次は「天」と「元」


どちらも27回使われています。


ちなみに平成の「平」は12回、「成」は平成の1回だけです。


平成の次の元号は何になるのでしょうか?


↓こちらもご覧ください↓‎
他にもある!元号のトリビア



あずきあずき

予想は当たるか!?



この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓