八方塞がりだと感じたときにするワークとは?

八方塞がりの時の体の状態は

八方塞がりだと感じてしまうとき、
体が硬直して、
どんどん焦ってしまった・・・
という経験ありませんか?







うまくいかないときは
焦りとともに周りが見えなくなりがち。


自然に呼吸が浅くなり、早くなります。


気づけば体も硬直しています。
かちんこちんです。


こんな状態になってしまったら、
ムリに考えたり行動したりしないで!


動くとかえって状況が悪化します。


解決できないことは
自分の身に降りかかってくることはありません


だって、日本の政治運営をどうするか、
対ロシアの対策は?
・・・なんて考えませんものね(笑)。


客観的に状況を見れる信頼できる人に
相談するのも手です。


「今あなたの前に立ちはだかる壁は高いかもしれない。
でもそれは扉かもしれない」
とエイブラハム・リンカーンはいいました。


私が壁にぶち当たったときは
「壁が高すぎて登れない時は
地面をほってトンネルを造ればいい
とバイトしてたときの上司にいわれました。


なるほど~!
と妙に納得したのを覚えています(笑)。


あずきあずき

確かに!僕はご飯のことしか考えてない(汗)


スポンサーリンク




体をほぐすワーク

さて、話を元に戻して・・・
八方塞がりの時にはまず、体をほぐすことが大切です。


なぜなら体と心はつながっていて、
どちらかが凝り固まると、もう一方も凝り固まり


逆にどちらかがほぐれる
もう一方もほぐれてくるのです。

まずは体をほぐしましょう。


すると心もほぐれてきて、
八方塞がりだ~と思っていた事が
案外簡単に超えられることだった
感じるようになるかもしれないでしょ!?


ということで、まずは深呼吸してみましょう。





といっても、やり方があります。


目を閉じて鼻から息を吸い、口から出します


これを何回か繰り返します。


呼吸に意識を向けます。

すると少しずつ落ち着いてくるのがわかります。


落ち着いてきたら、
鼻から吸いながらお腹を凹まします。


次に口から吐きながらお腹を膨らます・・・


呼吸を止めることなく、
できるだけゆっくり長く
息を細くして行います。


ここも意識は呼吸に向けておきます。


しばらく続けてみてください。


どうですか?


心も身体もほぐれてきているのを感じませんか?


この完全呼吸法
ヨガで使う呼吸法です。


自律神経を整えます。


この呼吸の後に悩みについて振り返ってみてください。


きっと良い解決法など
ヒラメキがあると思いますよ!


あずきあずき

僕もできるかなぁ?

この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓