夜の洗濯物干しは縁起が悪い?

なぜ夜に洗濯物を干すと縁起が悪いのか?

昔から日本では
夜に洗濯物を干すと縁起が悪い
といわれてきました。




とはいえ、夜の間に洗濯して干しておくと
翌朝の忙しい時間を有効にできますよね。


そもそもなぜ夜の洗濯物は縁起が悪いのでしょうか


それにはいくつか理由があります


その昔、着物には
前来ていた人の霊が宿っている
と信じられていました。


でも捨ててしまうのはもったいない!


リサイクルするための習慣が
死後、長い間着物を干す
ということだったのです。


ここから夜通し洗濯物を干すと
不幸な死を迎えた着物の霊がやってくる
という言い伝えができました。


この言い伝えにまつわる都市伝説が
他にもあります。


夜に町を浮遊している幽霊が
洗濯物に乗り移る
というものです。


どちらにしても
あまり良い気持ちはしませんよね。



あずきあずき

僕は夜は苦手だワン!

スポンサーリンク




ほかにもある!夜に干してはいけない理由

ほかにも、昔は赤ちゃんのおむつは布でしたから、
赤ちゃんの洋服や布おむつを夜干しすると
夜露がついて → 湿る → 冷たい → 夜泣きする
という考え方がありました。


風水的な考え方でいうと
夜に干すと洗濯物が陰の気を吸って」しまいます。


>陰の気をまとった洋服を着て過ごすのは
洋服を着ている本人の気がよどんでしまうことにつながります。


中には夜に活動するたちが
洗濯物についたり、
中には卵を産み付けたりするものも・・・!


夜に活動する虫たちは
蛾やカメムシ、ナメクジなどがいます。


こちらもあまりいい気はしませんね・・・。


とはいえ、現実に朝はとても忙しいもの。


洗濯機にタイマーをかけたり、
あと5分早めに起きたり、
なんとか工夫して
朝に干すようにしたいものですね。



あずきあずき

夜の洗濯はやめよ~っと!

この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓