大晦日は紅白を見ながら、そばを食べて家で過ごす、
カウントダウンをして、初詣に向かう・・・
なんて過ごし方をされている方も多いかもしれません。
昔からの大晦日の過ごし方の中に、来年を開運するための方法があるのをご存じですか
今回は、年末年始の過ごし方を変えるだけで開運する方法をお伝えします!



大晦日は何のための日?

大晦日は一年の一番最後の日。
つまり一年の締めくくりの日となります。

今年のケガレは今年のうちに
つまり大晦日に今年一年の汚れを浄化させることで
2020年を開運する決め手となるのです!


ちなみに、旧暦では毎月の最後の日を「晦日(みそか)」と呼びます。
晦日の一番最後の日なので「大晦日」と呼ぶんですね。


古くは、翌日から始まる新しい年を司る「年神様」をお迎えするための風習がありました。
大晦日から「年籠り」をして、一晩中起きているのです。

もし早寝してしまうと白髪になる、しわが寄るなどと言われていました。

今では、そういう風習もほとんど残っていませんね。

スポンサーリンク


2020年の開運の決め手となる大晦日の行事とは?

年越しそば

大晦日には年越しそば

そばを食べることが「細く長く健康に暮らせる」ことにつながります。

また、そばは切れやすいことから「一年の厄災を断ち切る」ことにつながるともいわれています。


薬味にも意味があるのをご存じですか?

年越しそばの薬味といえば「ネギ」ですが、
 ・疲れをねぎらう
 ・祈る「祈ぐ(ねぐ)
 ・神職の「禰宜(ねぎ)
などの言葉にかけた語呂合わせなのです!

 

あずきあずき

日本は言霊の国だから、言葉に意味が宿るよね!

アルパアルパ

だから語呂合わせも大事なんだね

 

年越の大祓

茅の輪くぐり

 

12月31日の大祓(おおはらえ)は奈良時代から受け継がれています。
一年の汚れを落とし、病気や水魔の難から逃れるための神事です。
大祓は、6月30日と12月31日の2回あり、半年にたまったケガレをとるものです。


年越大祓では、人形(ひとがた)に切った和紙に息を3回吹きかけます。
体の中のケガレを人形に移したものを浄火でお焚き上げをし、浄化します。


また茅の輪を8の字に3回くぐる「茅の輪くぐり」も有効です。
神社などによっては、12月31日にお祓いを行うところもあります。


初詣に行く前に、前の年のケガレを落としておくことが1年の開運の決め手となるのです。

あずきあずき

八の字3回、目が回りそう・・・


スポンサーリンク

他にもある!2020年の開運の決め手となる開運行動とは?

大晦日にするべき開運行動とは、新年を迎えるための準備です。

お風呂での浄化

家のお風呂で浄化する方法

神社での年越大祓に行けない方も、浄化は必要です。
オススメの浄化方法は、お風呂!
といっても、入浴剤の代わりに「粗塩」と「日本酒」を入れます。

粗塩+日本酒のお風呂にゆっくり浸かって、汗をかきましょう。
汗とともに体にたまったケガレが出て、浄化されるのです。

この時、さらに頭までお湯に浸かって(というかお湯にもぐって)髪全部をお湯に浸けます。
ここ、ポイントです。
実は霊的なものは、髪に憑くことがよくあるので非常に有効なのです。

だから、霊感が強い人は髪をあまり長く伸ばさないんですよ。

あずきあずき

粗塩と日本酒って、最高の組み合わせだね!

アルパアルパ

汗をかくと、浄霊できると聞いたことがあるよ

新しい下着と歯ブラシを準備する

新年は新品の歯ブラシを使おう

新年を迎えるにあたって、新品の下着と歯ブラシを準備しましょう。
大晦日の夜にお風呂に入って浄化したら、新品の下着を身に着けます。


そしてお正月、起きてすぐの歯磨きは新品の歯ブラシで


新しいものを身に着けることでケガレのない一年のスタートとなります。
ケガレを落としたスペースに幸運を入れるための儀式(?)のようなものです。

あずきあずき

幸運が入るスペースが必要だよね!

アルパアルパ

そのためにケガレを浄化するのかぁ


大晦日をどう過ごすかによって、2020年がどんな年になるのかが変わってきます。

特に2020年は「子年」で十二支の始まりの年ですから、何かを始めるにはとても良い年なのです。
新しいことを始めるためにも、大晦日にケガレを落としましょう!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓