気軽にできて、開運効果抜群といわれる『三合参り』。



ちょっとした旅行感覚で開運できるのもうれしいですね!

オリンピックイヤーとなる『2020年の三合参り』はどのように行えばよいのでしょうか?

 

 

三合参りは開運の秘法!

 

私たちが日々、生活している中で、知らず知らずのうちに「凶方の気(剋気)」を受けています

その剋気を解消し、「吉方の気(祐気)」にするための簡明な方法が『三合参り』です。

 

『三合参り』は生年月日や生まれた場所に関わらず、誰でも大きな効果を得られます

『三合参り』は日常生活の中に取り入れやすいのも特徴です。

三合参りは、三合の恩恵に浴する「開運の秘法」として、古くから活用されてきました。

 

あずきあずき

まとまった休みがなくてもできそうだね!

アルパアルパ

「行く」だけで運気アップって、おトク~♪

 

三合参りの開運の効果とは?

 

三合参りを続けるほど、年々、開運していくといわれています。
『三合参り』はその年の干支によって日にちや方位が変わります。

 

では、三合参りの方位でどんな運気がアップするのでしょうか?

  • 寅午戌(大局)

学芸の上達、才能の開花、引き立て運の強化、名誉の増大

  • 巳酉丑(金局)

金銭融通、信用取引の有利、物質面の喜び、財運を強める働き

  • 申子辰(水局)

優秀な子孫、子女の良縁を得られる、家系存続・繁栄の原動力

  • 亥卯未(木局)〕

新規、独立、創造性の促進、物事の発展、新しいことに効果

 

2020年は「庚子年 申子辰(水局)』の三合参りとなります。
優秀な子孫、子女の良縁を得られる、家系存続・繁栄の原動力」に特に効果があります。

 

スポンサーリンク

 

2020年(令和2年)の三合参りの方位は?

令和二年は「庚子(八白)」年となります。
2020年は子年ですので「申子辰年」の方法を用います

参拝月は、
 辰月(4月)、申月(8月)、子月(12月)

参拝日は、
 申日、子日、辰日となります。

 

方角は、次の通りになります。

  • 申=西南西30°
  • 子=北30°
  • 辰=東南東30°
  • これらの月、日、方角を用いることで「申子辰水局」の三合を完結させます。

     

    2020年(令和2年)の三合参りに行く日にちは?

     

    2020年の三合参りに行く日にちと方位は、

     

  • 4月(庚辰月)に行くのは自宅から「西南西30°(申)」の方位です。
  • 日にちは、
    4月11日(甲申)、
    4月15日(戊子)、
    4月19日(壬辰)、
    4月23日(丙申)、
    4月27日(庚子)
    5日のうちいずれか1日です。

     

  • 8月(甲申月)に行くのは自宅から「北30°(子)」の方位です。
  • 日にちは、
    8月9日(甲申)、
    8月13日(戊子)、
    8月17日(壬辰)、
    8月21日(丙申)、
    8月29日(甲辰)、
    9月6日(壬子)
    6日のうちいずれか1日です。

    旧暦でカウントしますので、9月6日は8月となります。

     

  • 12月(庚辰月)に行くのは自宅から「東南東30°(辰)」の方位です。
  • 日にちは、
    12月11日(戊子)、
    12月15日(壬辰)、
    12月19日(丙申)、
    12月27日(甲辰)、
    12月31日(戊申)、
    翌年1月4日(壬子)
    6日のうちいずれか1日です。

    旧暦でカウントしますので、1月4日は12月となります。

     

    三合日であっても、凶方位に該当する日は省いています
    上記の中から、4月に1回、8月に1回、12月に1回の計3回、すべてお参りすることが大切です。

     

    あずきあずき

    日にちは忘れないように手帳に書いておこう!

     

    三合参りの参拝方法は?ここだけは押さえたい!

     

    三合参りするときに、より効果が出るようになる方法をまとめました。

     

  • 指定の日時に、(自宅からみて)指定の方角にある神社仏閣にお参りします。
  •  

  • 一時間以上、その地にとどまるよう心がけましょう。
     日帰りでも一泊でも、どちらでも構いません。
  •  

  • 神社仏閣に訪れる時間は、15時以降は避ける方がよいでしょう。
     できれば午前中がおすすめです。
  •  

  • 参拝所を選ぶ際、方位区分の境界線近くは注意して、避けるようにします。
  •  

  • 一年に三回、できるだけ神社なら神社、寺なら寺と統一します。
  •  

  • 願い事が叶ったら、忘れずにお礼参り(願いほどき)を行いましょう
  •  

    あずきあずき

    「運」は「はこぶ(運ぶ)」と書くだけあって、神社仏閣に自分を「運ぶ=移動する」ことが大切なんだね!

    アルパアルパ

    行動すればするほど、開運しそうだ!

     

    三合参り2020!開運へ導く秘法とは?まとめ

     

    「三合参り」は神社仏閣への参拝を通じて、運気改善、五行の徳分をいただけるありがたいものです。

    生年月日には関係なく、一年に三回の参拝を続けることで、知らず知らずに受けた「凶の剋気」を「吉の祐気」へと変換でき、開運へと導かれます。

     

    四年続けて参拝を続けることで、すべての方位の恩恵を受けることができます。

     

    また十年、二十年と続けることで、積立貯金のように大きな吉の力をいただけます

     

    圧倒的な開運パワーを持つ『三合参り』で2020年を開運しましょう!

     

    2019年の三合参りはこちら →→→ これが正しい三合参りのやり方!

     

    スポンサーリンク