節分は「豆をまくイベント」「恵方巻を食べる日」だけではありません。
節分にする開運行動によって、これからの1年が変わるかも。



そもそも節分って何の日?

節分は「季節を分ける」の意味からきています。


暦上の季節である立春、立夏、立秋、立冬の前日にあたるのが節分。


その昔、立春は1年の始まりとされていましたので、
その前日に当たる節分は、まさに大晦日


大晦日には、1年の穢れを落として
翌日のお正月に備えますよね!?


ですから節分には厄除けの儀式として
「鬼は外(邪を祓う)、福は内(幸せを呼ぶ)」
という豆まきの行事があるのです。


節分、立春はスピリチュアル的にも
運気の変わり目といえますので、
古いモノを手放して新しいステージに向かうチャンスです。


このタイミングを活かして、開運しましょう。


あずきあずき

節分には大晦日と同じ開運行動をすると良いんだね!

節分にするとよい開運行動とは?

豆まき

実際のところ、豆まきって難しいですよね。


そんなときは、炒った大豆を年の数だけ食べます


ちなみにこの年の数は、数え年でカウントしますので、
満年齢+1個の数になります。


豆を炒るのには諸説ありますが、
修験者の方が病気平癒、健康祈願の際に
炒った豆を使うことからではないかと私は思っています。


炒った豆は、当然芽が生えません。


でも、炒った豆から芽が生えるとそれは奇跡。

そんな奇跡のごとく、病気を治して欲しいと祈願するときに
修験者の方が使われるのです。


奇跡を起こせるほどの力を持つ炒った大豆を
年の数だけ食べることで、
1年無事に過ごせますようにというおまじないなのでしょうね。


恵方巻を食べる

恵方巻の由来は実はわかっていません。


恵方に向かって行動することは、幸運を呼ぶとされています。


恵方とは、歳徳神(としとくじん)がいる方位で、毎年変わります。


今年は南南東に歳徳神がいるので、
その方向に向いて恵方巻を食べます。


最近は恵方ロールなど巻き寿司風のロールケーキもありますが、
できれば本来の巻き寿司がオススメです。


巻き寿司は包丁で切らず、丸かじりします。


食べ終わるまでは、一言も話してはいけないですし、
そもそもすごい量なので、食べるのは大変!


そんなときは、半分の量の巻き寿司を作るとか、
細巻きで代用するのはアリですよ!


あずきあずき

豆まきにも恵方巻にも、ちゃんとしたやり方があるんだね!

今日のひめくり

節分の開運行動

  • 炒った大豆を満年齢+1個食べる
  • 恵方巻を食べる時は、南南東を向き、食べ終わるまで話さない

この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓