人生に3回ある法則とは?

何をやってもダメな時は人生に3回ある


運とは波で、
良いときもあれば、悪い時もあります。




良い時のあとに悪い時、
悪い時のあとに良い時、
波のように順番にやってくるものです。


つまり、
「良い時も悪いときも
ずっとは続かない」ということです。


とはいえ、
何をやってもダメ」という時って
ありませんか?


そんな時は次の言葉を思い出してください。


何をやってもダメなときは3回ある
という法則です。


法則だから、仕方がない


しょうがないと開き直ってください。


何をやっても、ダメなものはダメなのです。


あずきあずき

確かに何をやってもダメな時はある!

スポンサーリンク

開き直ったら動き出すことも

さて、しょうがないと開き直ると
どんなことが起こるでしょうか?


意外に現状を打開できるなど
開き直ったとたん
ものごとが動き出すことがよくあります。


「なんとかしなきゃ」と
無理に引っ張ると、
よけいに事態を悪化させてしまうことも
少なからずあるのです。


ダメだ~というときは
体も硬くなっているので、
マッサージや運動をしてみると良いですね。


心と身体はつながっているので、
心をほぐす一番の方法は、
体をほぐすことなのですから。


焦りや不安が消えると、
案外スムーズに流れるように
なってくるものなのです。


あずきあずき

うまくいかないときは体が固まっているよね!


今日のことだま

うまくいかない時の魔法の言葉

人生何をやってもうまくいかないときは3回ある


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓