思秋期の過ごし方でアンチエイジング?

思秋期って何?

精神科医の和田秀樹氏が提唱しているのが
「思秋期」という考え方です。



 

人間の一生の中で、
心と身体が大きく変わる時期が2回あり、
それは「思春期」と「思秋期」だといいます。

 

思春期は、ホルモンのバランスが変わり、
子どもから大人になるとき、

 

思秋期は、思春期と同様に
ホルモンのバランスが変わり、
大人から高齢者に変わるとき、
ちょうど更年期にあたるときです。

 

更年期は、人によって時期が大きく異なりますが
40代~60代が多いと言われます。

 

思秋期には性ホルモンが減少し
自分の性と反対のホルモンが多くなるといわれます。

 

つまり、
男性は、男性ホルモンが減り、
女性ホルモンが増える。

女性は、女性ホルモンが減り、
男性ホルモンが増える。

 

中性に近づいていくイメージですね。

 

思春期を過ぎると性差が大きくなりますが、
逆に思秋期をすぎると性差が少なくなります。
性別がわかりにくいお年寄りがその例です。

あずきあずき

僕は間違いなく男だワン!

スポンサーリンク




前頭葉の老化を防いでアンチエイジング

また思秋期には、
前頭葉の老化が始まります。

 

やる気がなくなってきたり、
感情のコントロールが効きにくくなったり、
変化に対応する柔軟性も失われたりします。

 

そんな思秋期は、過ごし方一つ
アンチエイジングも可能です。

 

アンチエイジングの一番の方法は
脳を使うこと」です。

 

いつもと違う「新しいことにチャレンジする」、
ドキドキすることをやってみる」のは
脳に刺激を与えて、脳の老化をストップしてくれます。

 

たとえば、いつもと逆回りのコースで散歩するとか、
知らない人にでも話しかけてみるとか、
初めてのサークルに参加してみるとか・・

 

今まで行ったことのない場所に旅行にいくのもイイですね。

 

映画を見てドキドキしたり、
感動したりしてみるのもアリ。

 

初めてのお店で食事してみるのも有効です。

 

好きなものを見つけることも大切です。

 

趣味やテレビのアイドル・俳優など
とにかく好きなものを探してみましょう。

 

脳を刺激することは、
性ホルモンの活性化にもつながるのです。

 

認知症予防だけではなく、
この時期に多いウツに対しても、
とても有効ですよ。

 

あずきあずき

いつもと違うコースで散歩するワン!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓