ペットが脳を活性化?

認知症患者にもペットが有効

犬や猫などのペットが
認知症の予防に効果があるという
報告がたくさんあります。



 

認知症患者とペットが交流すると
心理面、体の健康面、社会性などが
アップするという結果があるそうです。

 

ペットが脳を活性化しているということですね。

 

それはなぜでしょうか?

 

まず、ペットは世話が必要です。
ごはんの時間や量、
トイレの世話、
予防注射や健康管理など
覚えておかなければならない項目
いくつもあるのです。

 

これが脳への刺激になりますし、
また規則正しい生活になるのです。

 

犬の場合は散歩が、
猫の場合も一緒に遊ぶ時間
必要になってきますよね。

 

散歩や一緒に遊ぶ時間を過ごすことで
飼い主の運動にもなります。

 

体を動かすきっかけになりますね。

 

あずきあずき

僕も一緒に遊んだり散歩に行ったりするのが大好き!

スポンサーリンク




一番のポイントは会話

そして一番のポイント
ペットと会話すること

 

「○○ちゃん、ごはんよ!」
「おしっこしたの?」
「おさんぽ行こうか?」
話しかける
ペットが言葉を理解し反応します。

 

特に一人暮らしの場合は、
会話する機会が減りますから、
ペットを飼うのはかなり有効です。

 

家族がいる場合は、
ペットについて話し合うなど
コミュニケーションも生まれます。

 

「会話する」というのは
すごく脳に刺激を与えるのです。

 

そして、ペットとの関わり合いから
喜びや張り合いも出てきますよね。

 

気持ちが豊かになること
脳の活性化につながります。

 

あずきあずき

犬も人間の言葉を理解できるのだワン!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓