プラスティック米に始まる食品偽装の恐怖

プラスティック米に始まる食品偽装の恐怖

プラスティック米とは?

プラスチック米ってご存じですか?
昨年末から、海外のあちこちで見つかっているお米です。
食品偽装のデパート(?)である中国で製造されたものです。

 

このプラスチック米の質にもレベルがあって、
目視で明らかにプラスチックだとわかるものから
プロがみても見分けつきにくいものまで様々。

 

プラスチック米はどうやって作るのかというと、
ジャガイモとサツマイモを一度溶かし、
それを固めるためにビニール袋を溶かして混ぜ
白米の粒に似せて作ります。

 

ビニール袋を溶かして入れることで、
本物の米と見た目やニオイ、固さも見分けがつかないのだとか。

 

しかも、昨年末にプラスチック米が発見された
ナイジェリアでは、高級米として販売されていました。

 

プラスチック米を食べると、どのような影響があるのか?
東スポWebによると、中国の中華料理店協会は
茶碗3杯食べると、ポリ袋1枚食べることに匹敵する

 

プラスチックは消化できないため、日常的に食べると
胃腸の病気を引き起こす場合もあるそうです。

 

ちなみに中国で販売されている「五常米」という高級米
年間100t生産されるのですが、
実際に流通されていたのは1000t!!
つまり五常米の9割は偽物で、
プラスチック米や工業用ラードでツヤを出していたものでした。

 

[char no=1 char=”あずき”]僕のごはんは大丈夫なのかな?[/char]

スポンサーリンク




日本の米は大丈夫?

このプラスチック米が日本にも流通しているのではないか、
というニュースが話題になっています。
JAグループ京都の米卸「京山」から販売されたブランド米に
中国産米が混入されていました。
魚沼産コシヒカリ」のうち国産と判別された米も
「他府県産」である可能性が高いとの検査結果が出ました。

 

米の偽装は米卸にとって、手っ取り早く利益をあげることができる
麻薬のようなものらしいです。
一度手を出すと、止められない・・・。

 

実際、ブランドである魚沼産コシヒカリは、
生産量の10倍が流通していると言われています。
・・・あまり中国と変わらないなぁ・・・

 

ちなみに、中国では
ハチミツは、すべて偽物だと思え」というのが常識だそうです。
環境汚染のせいか、中国のミツバチの数が急激に減少しているからだそうです。
日本に流通しているハチミツの80%は中国産
そういえば、最近はハチミツの種類が増えていませんか?
偽物のほうが、いろいろな種類を作りやすい・・・からなのかもしれません。

 

国産、といっても偽物が混じっていたら、お手上げです。
国産だから安心ではなく、
生産者の顔が見える物を選びたいですよね。

 

地元のものを食べると、その土地のエネルギー
体内に取り込むことができると言われますし、
食の安全から考えても、
地産地消がベストのようですね。

 

[char no=1 char=”あずき”]地元のものが一番だワン![/char]

人気ブログランキング 今何位か確認する↓

 

error: