幸せを引き寄せる参道の歩き方とは?

丹田を活性化する参道の歩き方

夏休みやお盆休みに
ちょっと足を伸ばして
神社参りにいってみませんか?




でも、ちょっと待って!


普通に参拝するのはもったいないです。


神社の参道を歩くとき、
浄化とエネルギーチャージができるのを
ご存じですか?


参道は左側を歩くのが基本。


そして、歩くときに
次のようなイメージをしてみましょう。


左足を前に出すと、
地球の奥深くから湧いたエネルギーが
左足を通って、丹田まで登ってくる・・・


※丹田とは、おへその下あたりで、
エネルギーの溜まる場所です。


次に右足を出すと
丹田からエネルギーが右足を通って
地球の奥深くに向かって放出する・・・


そんなイメージを持ちながら
歩いてみてください。

参道に流れるエネルギーを
体内に取り込むことができます。


あずきあずき

ぼくは犬だから、神社には入れない(涙)

スポンサーリンク

丹田活性化で氣のバリアを張る

「歩きながらするのは難しい」

 

そう思われる方は、
立ち止まっておこなってもOKです。


慣れてくると
歩きながらできるようになってきます。


この方法を繰り返し行うと
丹田を活性化することができるのです。


丹田が活性化すると
健康と勇気を得る、とされています。


また心が穏やかになり
ストレスが減り
物事に柔軟に対応できるようになってきます。


氣のバリアを張ることも可能になり、
他の人の氣が入ってくるのを防いでくれるのです。


人混みにいくと「人酔い」してしまう方には
ぜひ実践していただきたいです。


また、邪気落としには
玉砂利を歩くことをオススメします。

玉砂利を踏む時の
「ジャリ、ジャリっ」という音とともに
邪気が落ちていきます。


参道を歩くのも、
玉砂利を歩くのも、
できれば早朝の人がまだあまり通っていない時間帯の方が
参道のエネルギーもクリアです。


時間が遅くなればなるほど、
エネルギーがよどんできますので、
遅くても午前中には
神社に行くようにしましょう。


特に観光地化されていて
人が多い神社は
早朝のほとんど人がいない時間帯
行く方が良いですね。


あずきあずき

エネルギーがよどまない時間が良いんだね!

今日のことだま

参道を歩くときは
左足 → 丹田 → 右足でエネルギーが循環しているイメージを。
氣のバリアを張れて
幸せ引き寄せ体質に!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓