忍び寄る遺伝子組み換え食品の恐怖とは?

遺伝子組み換え食品を世界で一番食べる日本

「この○○は遺伝子組み換えではありません」
と表示された納豆や豆腐を
見かけるようになって、何年も経ちますね。



最初は敏感に反応していた消費者も、
最近ではあまり感じていないような
気もします。

実は日本は
「超・遺伝子組み換え食品輸入国」。

日本は世界で一番、
遺伝子組み換え食品を
食べている国なんです。

日本で流通する大豆の8割は
遺伝子組み換え大豆!

豆腐や納豆をみて、
「これなら安全!」と思っていたら、
知らず知らずのうちに
口にしてしまっています。

なぜなら、
大豆を加工すると
「遺伝子組み換え」表示をしなくてもよい、
という法律があるからです。

大豆は
醤油、味噌、煮豆、きな粉、湯葉…
などなどいろいろなものに加工されます。

特に安売りの醤油と味噌は危ない!
と聞いたことがあります。
毎日、口にするものだけに
気をつけたいですね。

 

あずきあずき

どうして組み替え食品はだめなの?

 

 

スポンサーリンク




 

 

遺伝子組み換えがダメな理由

では、なぜ遺伝子組み換えがだめなのでしょう?

理由はいくつかありますが、
ひとつは、
遺伝子組み換えをした作物に撒く農薬。

あのベトナム戦争で使われた枯葉剤を
作った会社の農薬で、
その成分は枯葉剤とあまり変わらないとか。

つまり、摂取しつづけると
体内にたまって
奇形児や流産などの影響が
考えられるそうです。

そしてスーパーワームの出現。
遺伝子組み換えをした植物を食べた虫は
遺伝子構造が変化して、
農薬をかけても死なない
スーパーワームになっているそうです。

遺伝子組み換え食品を食べている私たちの
遺伝子構造も変化するのでしょうか…

なるべく生産者の方の顔が見えるものを
食べるようにして、
地産地消を心がけたいですね。

 

あずきあずき

変なものを食べるのはイヤだワン!

 

 

人気ブログランキング 今何位か確認する↓