引越しシーズンにさしかかってきました。



引っ越し先って、どのように決められますか?

駅や学校、職場への近さ?

スーパーや病院へのアクセスの良さ?

間取り?新築?オートロック?

治安の良さ?・・・


物件を選ぶには様々な条件がありますが、
今回は忘れてはならない「土地の良し悪し」についてです。


 

霊波が飛び交う新築マンション

これは私の実体験なのですが・・・。


新築の10階建てマンション。

2LDKで使い勝手も良く、
なんといっても眺めが最高!のマンションに入居しました。


その前に住んでいたところは、
霊がでる曰わく付きのマンションだったのです。


昼間でも薄暗い感じで、
なんとなく空気がヒヤっとする場所でした。


実際に何度も霊と遭遇!

「パチン」「ギシギシ」といったラップ音は毎日。


当時飼っていた猫は、よく何もない壁をじっと見つめていました・・・
ひえ~(怖)。


そこであわてて引っ越したのが10階建ての新築マンションだったのです。


さすがに新築だから大丈夫だろうと思っていたら・・・



住みだして1、2ヶ月経った頃から
ひどい頭痛が起きるようになりました。


そしてマンションの敷地内のあちこちで
視線を感じることが・・・!


パッと振り返っても、もちろん誰もいません。


そんなことが続き、見える友人にきてもらったところ
「前のマンションよりひどい」
「沼地を埋めて作ってあるので、水場だから霊が集まってくるみたい」
といわれ、結局半年で引越しするはめになりました。


あずきあずき

新築=良い物件であるわけではないんだね!

土地の波動が住人の人生を変える

テレビ番組でもありますが、
県によって性格など傾向が違うという「県民性」。


県民性の違いはなぜ生まれるのでしょうか?


私はその土地に流れる波動の違いが

県民性を生み出していると考えています。

のんびりした波動を持つ土地なら、のんびりした性格に。

荒々しい波動なら、荒っぽい性格に。

ケチな波動ならケチな人に。


それぞれの土地が持つ波動は、性格だけではなく
人生そのものにも影響してくることが多々あります。



人を呼び寄せる波動を持つ土地なら商売繁盛。

結果、豊かな人生を歩むことにつながります。


マイナスの波動を持つ土地なら、
ツイてない、悪いことばかり起こる人生になりかねません。


住んでいる土地は、私たちに多大な影響を与えますから、
どんな波動を持つのかを知った上で物件を選ぶ事は
とても大切なのです。


あずきあずき

引っ越したとたん、具合が悪いというのも土地のせいなんだね!納得。

スポンサードリンク

土地の波動を知る方法とは

まずは、実際にその場所に行ってみることです。


「なんだか嫌な感じがする」と思ったときには
どんな条件の良い物件でもやめる方が良さそうです。


できれば、昼と夜、2回行くことをお勧めします


昼は大丈夫でも、夜になると霊を呼び寄せる、
なんて場合もありますから(笑)。


直感が大切なのですが、
運気の悪い時には、運気の悪いものを選んでしまいがちなので、
この方法は運気の良いとき限定になります。

 


「運気の良い時まで待てない!」

という場合は、波動の読み取れる霊能者やヒーラー、
占い師に聞くと良いでしょう。


できれば数人に聞くことをお勧めします


なぜなら、土地の波動を読み取れるからといっても

神様ではありませんから(笑)。


人間ですので(笑)、100%ではありません。


数人に聞いて、「良い波動だ」と一致した意見のある場所がベスト。

あずきあずき

何人かから『良い』と言われた場所は安心して住めるね

土地の波動によって人生はこんなに違う

良い波動を持つ物件に入居できるとどうなると思いますか?


良い波動を持つ物件

    に入居できるとどうなると思いますか?

 

  • ツイていることが増える、
  • 良い情報がたくさん入るようになる
  • 良い友達や人間関係が増える
  • 金運が良くなり、お金の苦労がなくなっていく

 

など、ハッピーなことが増えていきます。


逆に悪い波動を持つ物件

    だとどうなると思いますか?

  • ツイてないことが多い
  • 事故に遭うことが多い
  • 悪いことばかり起こるようになる
  • 不幸な人と出会うことが多い
  • うまくいかない
  • ケンカが増える

など、本当に不幸な人生になりかねませんよ。


あずきあずき

土地の波動を軽くみると、後が怖いね!

今日の日めくり

引越しするときは『土地の波動の良し悪し』も
条件の一つに入れよう!

土地の波動によって人生は変わります。




この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓