氏神様の秘密

氏神神社とは?

氏神(うじがみ)様』って聞いたことありますか?



 

氏神神社に祀られている氏神様。
氏神神社とは名前の通り、
同じ氏姓を持つ氏族間
祖神や氏族に縁の深い神様を祀った神社です。

 

その神社の周辺の一定地域に居住する人を
氏子(うじこ)と呼びます。

 

たとえば
天皇家の氏神神社
祖先神の天照大神を祀った伊勢神宮

 

秦氏の氏神神社は伏見稲荷大社

 

藤原氏の氏神神社は春日大社

 

という風に氏族によって決まっています。

 

先祖代々の氏神様がわからない場合は、
住んでいる地域を守っている氏神様
大切にしましょう。

 

氏神様はその地域を守る神様ですから
とても力を持っています。

 

実際、修験者の方が祈願供養する際、
氏神様の力を借りる
という話しはよくあることです。

 

あずきあずき

氏神様ってすごいんだワン!

スポンサーリンク




氏神神社を調べて、ご加護をいただく

では自分の住んでいる氏神神社は
どうやって調べれば良いのでしょうか?

 

各都道府県に「神社庁」があります。
そこに電話で問い合わせるか、
ホームページで調べることもできます。

 

住所から、その地域の氏神神社を
教えてもらえます。

 

引越ししてきたときには
氏神神社に参拝し、
「○○(住所)に住むことになりました。
よろしくお願いします」
自分の住所と生年月日、干支を一緒に言い
ご挨拶します

 

できれば、月に1度(1日か15日がベスト)、
「いつもお守りくださいまして、
ありがとうございます。
またお守りください。」
と自分の住所と生年月日、干支を一緒に言い、
ご挨拶することをオススメします。

 

また次の転居先に行く前には
「今までありがとうございました。」と
と自分の住所と生年月日、干支を言って
お礼を言います

 

氏神様はすごいパワーを持っているので、
毎月お参りに行く
すごいご加護がありますよ。

 

※神社に行くときは
生理の時は避けてくださいね。

 

あずきあずき

僕もお参りしたいワン!

この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓