新型コロナウイルスは、人工的に作られた生物化学兵器だと世界の一部の科学者から声が上がっています。



中国の発表によると「コウモリが起源」と発表していますが、本当なのでしょうか?

中国は報道が統制されていて、都合の悪い情報は表には出ない国です。

もし人工的に作られたウイルスならば、何のために作ったのかを調べてみました。

 

 

新型コロナは本当に海鮮市場から始まった?

 

新型コロナウイルスは、中国・武漢海鮮市場から始まったと中国政府が発表

 

中国では「四つ足のものはテーブル以外何でも食べる」といわれます。

特に希少動物は漢方薬の原材料となり、滋養強壮に良いと信じられています。

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんネズミを「踊り食い」と称し、生で食べるという食文化もあるそうです。

これらが「人獣共通感染症」の流行の原因となるリスクになっています。

 

今回の新型コロナウイルスは、スープにして食べる「コウモリ」からヒトに感染したのではないかといわれています。

コウモリなどの野生生物を取引しているのが、武漢海鮮市場なのです。

これが、武漢海鮮市場に新型コロナウイルス感染者が多い理由だというのです。

 

新型コロナウイルスは人工的に作られた?

 

海鮮市場から約280mしか離れていないところに「武漢疾病予防コントロールセンター」があります。

ここで研究していたコロナウイルスが漏れたのではという声があるのです。

 

学術的には人工的に作られた可能性がある」

「もし人工的に作られたのが事実なら、自然界で存続するのは難しく、すべての患者が治癒すれば消失する」

「武漢ウイルス研究所には危険性の高いウイルスが保管されており、その管理に疑問符がついている

《台湾大公共衛生学院の方啓泰教授》

 

「新型コロナウイルスをゲノム解析したところ、人工的に作った足跡を見つけた

「新型コロナウイルスは、遺伝子組み換え技術によって作り出されたSARSワクチンの研究と関係がある

《欧州在住の伝染病研究者である董宇紅氏》

 

CoVid-19コロナウイルスが、効果的に『ヒト集団感染させる機能獲得特性』を持っていることが明らかになった。

CoVid-19(武漢コロナウイルス)は、人類を根絶することを目的として設計された攻撃用生物兵器として、特別に設計されたウイルスであることを示す決定的証拠が見つかった
 
SARS、MERS、HIVのウイルス株を持つ『キメラ生物兵器』と発表
 
《ntiviral Research誌に掲載された研究論文より》

 

重症化した患者にHIV特効薬やSARSの治療薬を投薬して効果があるのは、SARS・MERS・HIVのウイルス株を同時に持っているからなのかもしれませんね。

 

 

通常とは違う中国の対応は人工ウイルスだから?

 

中国のニュースサイト「財新ネット」によると、国家衛生健康委員会が2020年1月3日に通知を出したそうです。

湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎に関し、

「いかなる組織も個人も、無断で検査結果などの情報を外部に公表してはならない」

 

また早期にアウトブレイク(大流行)すると警鐘を鳴らしていた眼科医・李分亮氏は、「誤った情報を流した」として中国当局により逮捕

その後、自身もコロナウイルスに感染し亡くなっています。

 

「武漢肺炎の最初の感染者は、海鮮市場と関係ない人物だった」と現地の医師が発言していることを報道。

また武漢は、実質「戒厳令」の状態で、都市封鎖し人民解放軍を大量投入するのは細菌兵器だからではないかとロシアが言っている。

《河添恵子さん》

 

中国メディアも、最も早い2019年12月8日に発症した患者は武昌区に住んでいて、海鮮市場には行ったことがないと報じています。

 

 

中国の対応

◆2020年1月31日、中国軍の生物化学兵器の第一人者であり中国人民解放軍少尉・陳薇が武漢病毒研究所に送り込まれます。

生物兵器のスペシャリストを投入したということは、中国は国防問題としているということです。

 

◆新型コロナウイルスが武漢で大流行したことを機に、台湾の疾病対策センターとCDC・アメリカ疾病予防管理センターが支援の手を挙げました。

これだけの大惨事ですから、通常なら海外の支援を受けるはず。

でも中国はすぐに断り、中国だけで抑え込もうとしているのです。

またすぐに武漢を封鎖し人民解放軍を大量投入したことから、「見つけられては困る何か」を隠すためではないかと言われています。

 

 

 

ロシアの対応

 中国の素早い行動により「新型コロナウイルス=生物兵器」と認識したロシアは、即日、国境を封鎖
 
人・モノの交流を断ちました。
 
ロシアの素早い行動は、何を表しているのでしょうか?
 
 
 

アメリカの対応

◆アメリカ政府は、コロナウイルスの調査を正式に学術団体に依頼しています。
 
コロナは自然発生的ではなく生物兵器なのではという見方が増えているからです。
 
 
◆エスパー国防長官がパンデミック対策の準備を命じました
 
いつでもパンデミックの対応ができるようにすでになっているようです。
 
そこまで想定した事態だということがわかります。
 
 
 

日本の対応

 ワクチン開発などのため、中国にコロナのウイルス株を分けてくれるよう依頼しましたが、返答なし
 
ウイルス株を分けることで、これまでの中国の研究成果が台無しになってしまうからかと憶測を呼んでいます。
 
日本では、国内感染者からウイルスを確保し研究しているそうです。

 

 

コロナは人口調整のために作られた?

 

 コロナウイルスは、最初のうちは軽症ですが、ある日突然重症化する傾向があるようです。
 
また中国も発表したのですが「コロナウイルスにより免疫暴走が起きて複数の臓器で問題を引き起こす」そうです。
 
 
 
中国で、歩いていた人が突然倒れ亡くなるという事例が多発しています。
 
急激に多臓器不全に陥ったからではないか、といわれています。
 
ただ、中国の情報統制によりあまり報道されていません
 
 
 

ジョージアガイドストーンの人口削減計画

 
 
ジョージアガイドストーンは、アメリカ・ジョージア州にある石のモニュメントです。
 
中央の石に小さな穴が開いており、その穴からは常に北極星が見えるという謎に満ちたモニュメントです。
 
8つの言語で「10のガイドライン」が書かれており、人類へのメッセージだと言われています。
 
 
 
10のガイドライン1番目は「大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する」
 
 
 
1992年6月にリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミットで採択された「アジェンダ21」
 
 
環境破壊と人口過剰による持続可能性の危機の問題に直接有効なのが人口削減 であることから
 
ジョージアガイドストーンに書かれた「人口5億人以下」を2030年までに達成すると、世界のエリート層の間で2015年に決まったといわれています。
 
 
 
 
ちなみにジョージアガイドストーンに書かれている8つの言語は
 
英語、スペイン語、スワヒリ語、ヒンディー語、ヘブライ語、アラビア語、中国語、ロシア語です。
 
 
 
日本語は入っていません
 
・・・ということは、日本人は絶滅するか、壊滅的に減ってしまうのかどちらかなのでしょうか?

 

 

イルミナティカードのゴールは人口削減

 
様々な予言をしているといわれる「イルミナティカード」
 
秘密結社イルミナティの名前がついたカードは、世界中で起こる事件や事故などを的中させています。
 
 
 
このゴールは「Population Reduction=人口削減」「Up Against the Wall=壁に手をつけ」というカードです。
 
 
 
もし2020年の東京オリンピックが開催されることになると、確実に世界中に新型コロナウイルスが蔓延します。
 
日本から広がる伝染病に、世界中から非難の声が上がるのを予想しているのが「Up Against the Wall」なのかもしれません
 
それが真の狙いなのでしょうか?
 
 
 
 

まとめ

 

今回の新型コロナウイルスは世界中に蔓延し、本当に人口削減が起こりそうな勢いです。

もし仮に人工ウイルスだったとしても、早く収束することを祈るばかりです。

 

◆こちらの記事も読まれています◆

東京オリンピックは新型コロナで中止?予言と都市伝説を徹底調査!

コロナは東京オリンピックにまつわる呪いなのか?