なにげない香りで、記憶がよみがえってきたことはありませんか?





すれ違った人の香りに、昔出会った人を思い出したり、通りがかりの甘い香りのケーキ屋さんで子供のころを思い出したり、など、香りと記憶がリンクすることは誰でも経験されているのではないでしょうか。





香りと記憶は、実はとても親密な関係があるのです。




プルースト効果とは?



香りを嗅いで、過去の記憶や感情を思い出すことを『プルースト効果』と呼ばれています。


この、『プルースト』というのはフランス文豪の名前です。


彼の小説『失われた時を求めて』の中で、主人公がマドレーヌを紅茶に浸した時の香りで、幼い頃の記憶を思い出したことから、香りで記憶を思い出すことを、彼の名にちなんでプルースト効果といわれるようになりました。





香りが時を超えた光景を思い出させてくれたのです。

香りが記憶を呼び起こす脳の動き






香りは嗅覚が司りますが、他の五感(視覚、触覚、味覚、触覚)とは大きく異なる点があります。

それは、嗅覚以外の感覚は、視床とつながっていることです。

嗅覚は視床とつながっておらず、鼻で匂いをかぐと嗅細胞情報をキャッチして、偏桃体と海馬に直接つながって情報が伝達されます。2つの場所に直接作用することで感情と記憶がうまく絡み合い、特定の感覚として記憶に残るのです。




嗅覚と記憶が脳内で結びついていることで、香りがあなたの昔の光景や感情の記憶を呼び起こします。





認知症や恋愛にも有効!香りの効果



認知症は、脳の記憶を司る海馬の神経細胞の減少から脳が委縮していく病気ですが、嗅覚が海馬とつながっていることから、匂いを嗅ぐことで脳を活性化させて認知症の予防をはかる研究も進められています。

実際、柑橘系の精油を嗅いだことで、脳の血流量も増加したとの報告もあるよう。

また、香りは記憶だけでなく感情にも影響を与えます。



『かつて恋人がつけていた香水の香りを嗅ぐと切なくなる』というのも香りによって記憶と感情が動かされてるということですね。





恋人にとって心地よい香りを身にまとえば、離れているときでも香りが相手にあなたを思い出させます。


一緒に過ごした楽しい時間を思い出させ、早く会いたい、と思わせてあなたの恋愛をサポートしてくれるでしょう。


香りを味方につければ、恋愛のチャンスもグンと広がります。



この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓