苗字とは家系の因縁の象徴なのか?

苗字は家系を表す名前

日本では当たり前のように
生まれた時点で「苗字」が決まっています。



 

苗字とは家の名前
つまりその家系や家族を表すものですね。

 

どの家に生まれたのか、は
人生に多大な影響を与えます

 

それは「育つ環境」だけではありません。
その家のDNAや因縁にかかわることなのです。

 

「○○さんの家は、長男が早死にする家系」
「○○さんの家は、血管系の病気で亡くなる人が多い」
「○○さんの家は、女が強い女系家族」
など・・・。

 

苗字によって、その家の因縁を引き継ぎます。

 

遺伝的病気の人がいる場合も
 スピリチュアル的には因縁になるのかもしれません。

 

あずきあずき

僕も因縁があるのかな?

スポンサーリンク




苗字変更とともに因縁も引き継ぐ

ちょっとわかりにくいので具体例をあげますね。
例えば、結婚して苗字が変わります。
結婚前:田中 → 結婚後:佐々木
になったとします。
すると
今までは田中さんの家系の因縁だったものが
佐々木さんの家系の因縁を引き継ぐのですね。

 

佐々木さんの先祖からの流れを汲むのですから
まぁ、当然ですよね。

 

田中さんの家は血管系の病気が多いのですが、
佐々木さんの家はガン系の病気が多いとしたら、
結婚後はガンの確率が高くなるのかもしれません。

 

苗字が変わるのは単に名前が変わるだけではないのです。

 

もっと奥深い、先祖からの流れがあるんですね。

 

もっともそこまで考えていたら、
結婚できるものもできなくなりそうですよね。

 

ちなみに、因縁の深さが同じくらいの人としか
赤い糸は結ばれていないようです。

すなわち因縁の薄い人と深い因縁の人が
結ばれることはないということですね。

 

あずきあずき

僕はどんな犬と結婚するのかなぁ?

人気ブログランキング 今何位か確認する↓