右巻きと左巻きは同じではありません。



作用する力が逆に働くのをご存知ですか?


「力をかける」「締める」作用のある右回り
「ゆるめる」「やさしくする」作用のある左回りですが、
今回は、陰陽の観点からその違いをみていきましょう。


右回りと左回りの持つ力の違いは?
(こちらの記事もどうぞ)
  ↓   ↓   ↓

右巻きと左巻きに秘められたパワーとは?

右回りと左回りの見分け方とは?

右回りと左回り、見分け方をご存知ですか?


そういわれると「どっちだっけ?」となってしまいがち。


実は簡単に見分ける方法があるんですよ。


まず、人差し指を中に入れて、両手を握ります。


そのとき左手の巻き方が左回り
右手の巻き方が右回りになります。

植物のツルがどちら回りか知りたい時は、
握った両手をツルの横に置いてみましょう。


右回りか左回りか、簡単にわかりますね。



あずきあずき

この方法はわかりやすいね!


アルパアルパ

これで迷わない!

陰陽とは?



陰陽とは、中国の「易経」から派生したもので
この世は『陽』と『陰』でできている
という考え方です。


陽には、プラス、男、前進、明るい、温かい、夏など


陰には、マイナス、女、後進、暗い、冷たい、冬など


相反するもので形成されています


この考え方は、聖徳太子の時代に中国から日本に伝わったといわれています。


陰陽はどちらかが欠けてしまうとバランスがくずれてしまいます。


陰か陽か、どちらかが良いとか悪いとかでなく、
どちらも必要なものなのです。


そしてバランスがとれていることが大切です。



あずきあずき

陰陽といえば、安倍晴明!





スポンサーリンク


日本伝統の着物の帯は右回り?左回り?

成人式や結婚式、卒業式など
最近では着物を着る機会も少ないですが、
着物の帯は右回りですか?左回りですか?


ちょっと思い出してみてください。


実は、公家や貴族は右、
武家は左なんですよ。


ちなみに袖に手を通すのも
袴に足を踏み込むのも
公家は右、武家は左を先にするそうです。


着物も右前を正しい様式として
左前を避けます。


例外としては
武家が切腹の際に着る水裃は右。


死者の旅装束は左前となります。



アルパアルパ

厳格に決まっているんだなぁ

公家が右で武士が左の理由とは?

着物の帯が、公家は右回りで武家が左回りというのは
宮廷装束の着付けを伝える衣紋道の作法によるものです。


もっと奥深いところで理由を探っていくと
陰陽道にその答えがあるようです。


陰陽道では右回りが「陰」、
左回りが「陽」と考えられます。


天地でいうと
天が「左回り」、地が「右回り」です。


また左回りが「攻」、右回りは「守」


武家だからこそ「攻」の左回りなのでしょう。


現代でも攻めに徹するスポーツである
陸上トラックや野球などは左回りです。


右回りと左回りの力については
こちらの記事もどうぞ
  ↓   ↓   ↓

右巻きと左巻きに秘められたパワーとは?


着物を着る機会があれば、
「攻」の左巻きではなく、ちょっとこだわって
「利他の心」を表す右巻きで帯をまいてはいかがでしょうか?


同席される方とのコミュニケーションが
きっとうまくいって
良い場となるでしょう。



あずきあずき

和装にも深い意味があって驚き!


アルパアルパ

帯は「右巻きで」だね。




この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓