7月25日は「時間を外した日」?

時間を外した日って?

7月25日は13の月の暦で「時間をはずした日」。




マヤ暦研究の第一人者であるホゼ・アグエイアス博士夫妻の
研究によって提唱された太陽暦です。


13の月の暦では7月26日から新年が始まります。


1ヶ月28日が13ヶ月ありますので
28×13=364日。
365日に1日足りません


その1日を新年にあたる7月26日の前日
時間をはずした日」としました。


この日は特定の月や曜日を持たず、
カレンダーの日付がない日なのです。


日付がない日ですから
時間を意識しないで過ごしてみましょう。


時計を外して、自然の時の流れの中で過ごしてみる


添加物の入っていない、新鮮なものを食べる


自然の中で裸足になり深呼吸や瞑想する


古代人のように自然とともに生きる生活をすることで
バイブレーションが上がってきます。



あずきあずき

僕も自然の中でお散歩するのが好きだワン


スポンサーリンク




浄化するのもオススメ

またこの日は大晦日に当たる日でもあるので、
自分自身を浄化することもオススメです。


たとえば、酒風呂


湯船に日本酒をコップ1/2
ひとつまみの塩を入れます。


塩は精製塩ではなく、粗塩です。


そのお風呂にゆっくり浸かると
汗とともに、体の老廃物が排出されます。


また体に溜まった邪気も一緒に出るので、
酒風呂のあとは、とてもスッキリします。


気がよどんでるな~と思う時にも
酒風呂はオススメです。


時間をはずした日は
時間の制約、過去の過ちやトラウマ、
心の傷を癒すこともできる
特別なパワーを持つ日といわれています。


時間の外した日は1年に一度しかありませんから、
有効に使ってくださいね!



あずきあずき

新たな年に向かって計画するのも良いね!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓