子どもの名前は画数だけで決めてはいけない!

名付けは画数で判断するんじゃないの?

最近はキラキラネームがへり、
しわしわネーム」という
昔からの名前をつける人も増えているとか。



 

確かに、パッとみて読めない名前だと
社会に出て困ることも多々あるようです。

 

子どもの名前をつけるとき
よくあるのが「画数」を調べること。

 

でも、ちょっと待って!

 

名前は画数だけ
吉・凶を判断するのではないことを
ご存じですか?

 

名前の漢字にも
吉・凶の判断材料があります。

 

例えば、
「幸」「雪」などの「ゆき」という名前。

 

「ゆき」=「逝き」と音が同じことから
幼くして命にかかわる事故にあうことが多い
といわれています。

 

でも「ゆき」をつけたい場合は
「ゆき」のように
ゆき+○」と何か文字をつけるとOKです。

 

ちなみに、
ひらがなで「ゆき」という名前は
運が悪かったり、幸が薄かったり・・・
という方が多いですね。

 

」のつく人は
よく言えば自分をしっかり持っている
悪く言えば頑固

 

」と使うと
怪我をしやすいといわれています。

 

あずきあずき

芸能人も名前を変えたとたん、売れたりするもんな・・・


スポンサーリンク




まだまだある!避けたい名前

女の子に多い「か」のつく名前に
」や「」を使うと
男運が悪かったり
ストーカー行為にあったり、
その子自身が遊び人になったり・・・
異性関係でトラブルが多くなる傾向が。

 

たとえば
「かな」→「菜」「奈」
「ちか」→「智」「知
など「か」の部分には「華」「花」を使わないように
する方が良さそうです。

 

昭和初期の方に多かった
数字を名前につけるのも
おすすめできません。

 

例:一郎、大二郎・・・

 

食べ物動植物の名前
生から死に至るものの名前です。

 

海、月、星など
自然に関する名前
荒れたり欠けたりと変化のあるもの

 

このような名前は
実はあまりお勧めできる名前ではありません

 

単に画数だけで決めてしまうのは
実は取り返しのつかない人生
大事な子どもにプレゼントするようなもの
・・・なのかもしれません。

 

インターネットで画数を調べるのではなく、
プロに聞く方が良さそうな気がします・・・

 

この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓