お財布ふりふりはNG?その真相は?

お財布は陰の環境を好む


最近流行っている金運アップ方法といえば・・・「満月お財布ふりふり!」。




満月の日に月に向かって「金運アップ!お金が欲しい~!」といって財布を振るというもの。


日本神話で「月読命(ツクヨミノミコト)は、月の神様

つまり、「月」は神様のひとり(一柱)なのです。


神様は「欲望をむき出しにするような醜い行為」を嫌われます。


ですから神様に向かって「お金ちょーだい!」はNGなのです。


醜きものに運なし、なんです。


そもそも財布は陰の環境を好むので、陰の行為をすることが金運アップにつながります。


家に帰ってきたら、財布をバッグから出して、部屋の定位置に置いておくと良いといいますよね。


これってまさに陰の行為。


ですから陽の行為である「お財布ふりふり」は財布にとって不快なものなのです。


しかもお財布を振ることは「運をふりおとす」ことにつながりますので、金運が下がる原因にもなりかねません。


あずきあずき

ぼくは月に向かって財布じゃなく、しっぽを振るんだ!

スポンサーリンク

月のパワーを財布に取り込む正しい方法とは?


では月のパワーを財布に入れるためにはどうしたらよいのでしょうか?


ひっそりと満月の光を財布に当てるようにしましょう。


財布の浄化もできますし、金運をよりアップすることができるでしょう。


ただし、注意することが2つあります。


一つ目は、ボイドタイムの時間帯にはおこなわないことです。


ボイドタイムというのは「空白」や「無効」という意味で、何をしてもうまくいかず、注意力散漫にもなるので、事故が増える時間帯です。


レーガン大統領もボイドタイムを避けて会議をしていたといわれるほど、影響力があるといわれています。


この「魔の時間帯」は避けて、月の光を財布に当てましょう。


2つめは「食」の時にはおこなわないことです。


「食」というのは、月食のことです。


月が少しでもかける「月食」は、身体的にも精神的にも変化を起こす時間帯といわれています。


身体的に不調になったり、精神的に不安定になったりしやすいとき。


こんな不安定な時間帯の月の光は、やはり不安定なエネルギーなので、避ける方が無難です。


これらのことに注意して、財布に月のパワーをチャージし、金運アップしましょう!


あずきあずき

ひっそり、というのがポイントだね!


今日のことだま

財布は陰の行動を好む

ボイドタイムと食の時間帯をさけ
月のパワーを財布にチャージして金運アップを