沖縄本島の北部に位置する古宇利島(こうりじま)は、現在約2kmの大橋によって本島と行き来のできる珊瑚礁の島です。 ほぼ円形の島は周囲約7kmの主要道路が通っていますので、島の観光はレンタカーが便利です。



旅楽 ← 各レンタカー会社を比較して選べるので便利!
 

古宇利島は伝説のパワースポット島


 

古宇利島は古くは「恋島」と呼ばれていたそうです。 恋島 → くいじま → こうりじま → 古宇利島  となったそう。

また「神の島」とも呼ばれており、この島に男女の子どもが降り立ったことから琉球人が始まったとの伝説もあります。


その伝説とは、沖縄版「アダムとイブ」のような興味深いものです。


昔、古宇利島に空から男女二人の子供が降ってきた。彼らは全くの裸であり毎日天から落ちる餅を食べて幸福に暮らしていた。最初はそれに疑問を抱かなかったが、ある日「餅が降らなくなったらどうしよう」という疑念を起こし、毎日少しずつ食べ残すようになった。ところが二人が貯えを始めたときから餅は降らなくなった。二人は天の月に向かい声を嗄らして歌ったが、餅が二度と降ってくることはなかった。そこで二人は浜で生活するようになり、魚や貝を捕って生活と労働の苦しみを知り、ジュゴンの交尾を見て男女の違いを意識し、恥部をクバの葉で隠すようになった。この二人の子孫が増え琉球人の祖となった。

Wikipediaより

 

古宇利島のパワースポット


古宇利島には7つの御嶽(うたき)があります。

御嶽(うたき)とは神に祈りを捧げるための聖地となっており、男子禁制の場所、観光客の出入り禁止がほとんどです。

聖域を守るために地元の人、神女のみが入地できる場所となっています。たとえ入ることが可能な場所でも、神聖な場所だということを心得て、つつしむことが大切です。

写真撮影も禁止されている場所もあるので、注意が必要です。



google map より[/caption]er size-full wp-image-1654″ src=”https://kotodama.cloud/wp-content/uploads/2019/02/ca409b1593a4491d18292e29ca6b6786-e1551247487563.jpg” alt=”” width=”551″ height=”600″ />

 


7つのうち、主要なものをご紹介します。

ビジュルヌメー御嶽(西ビジュル)

子宝の聖地とされ、特に男の子を授かるという言い伝えがあります。
以前、秋篠宮ご夫妻もこちらで子宝の祈願をされたことで、ビジュルヌメー御嶽の名が知られるようになりました。
こちらは木々が茂る林に入口があり、そこから奥に進むと拝願所があります。男性は入場ができない御嶽です。
アクセス:古宇利大橋より島へ入って時計回りに進むと民宿やカフェがあり、そこから約5分位のところにあります。途中看板もありますが、分かりづらい時には現地の方に聞くのがいいでしょう。

プトゥキヌメーヌ御嶽(東ビジュル)


西ビジュルが女性を表すのに対し、東ビジュルは男性を表すといわれています。
西と東、両方に祈るのがいいですね。現在は個人で入ることを禁じられていますので、外から一心に祈願し、大切にされているスポットです。
アクセス:東ビジュルを訪れるのに、こちらは看板がありませんので、地元の方に尋ねるのが一番です。

ナカムイヌ御嶽


7つの御嶽の中でも中心的な御嶽で、豊年祭や海神祭などの祈願が行われる場所です。 ご神体として原始時代の男性の骨が納められているといわれています。 残り4つの御嶽

  • マーハグチ御嶽:女神の骨が納められていると伝えられている
  • トゥンガ御嶽
  • ソウ御嶽
  • マチジヌ御嶽

チグヌ浜


沖縄版「アダムとイブ」伝説で、2人が住んでいてとされる洞穴のあるビーチです。

砂浜が小さいので地元住民のプライベートビーチのような場所です。

古宇利大橋


平成17年に完成した全長1900mの大橋です。この橋ができたことで島の人たちはいつでも本島に行くことができるようになりました。



島民の交通路であるだけでなく、美しい自然を体感できるのパイプ役として観光の発展にも一役買っています。無料で渡ることができます。

古宇利大橋を渡ってすぐ左には「古宇利大橋ふれあい広場」があり、古宇利島の観光スポットにもなっています。 橋を間近に見ることができたり、美しいビーチでの海水浴やシュノーケル、カフェ、レストランも点在しており、駐車場も完備されています。

スポンサードリンク

CMで有名!ハートロック


古宇利島北側に位置するティーヌ浜には、浸食された天然岩があります。 嵐のCMで知名度が上がった場所です。

2つの岩を重ねてみると・・・ハート💗の形になります。

ちゃんと看板も駐車場もあります。(駐車料金:300円/1時間、500円/日)

オーシャンタワーでランチとお土産



「古宇利オーシャンタワー」は海抜82mから古宇利大橋とオーシャンブルーの絶景をお楽しみいただけます。
1階には古宇利島資料館、 2、3階には屋内展望フロアと、オーシャンデッキがあります。 もちろん沖縄の土産もそろっています。
当ページから「古宇利オーシャンタワー」のお得な入園クーポンをご利用いただけます。
オーシャンタワー割引券はこちらから → オーシャンタワー割引券
古宇利島は海で囲まれた島。ここでしか見られない七色の海をぜひ堪能しましょう。



オーシャンタワー詳細

入場料 大人:800円  中・高校生:600円 小学生:300円 小学生以下無料
住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538番地
電話  0980-56-1616
営業時間 9:00 ~ 18:00 (最終入園 17:30) 年中無休

古宇利島 アクセス


古宇利島まではレンタカーでアクセスするのがおすすめです。

レンタカーサービス → 格安レンタカーを比較・予約

那覇空港から約95km(沖縄高速利用で約120分)
問い合わせ 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利  今帰仁村経済課
電話 0980-56-2256
地図  
HP http://kourijima.info/



沖縄観光で一緒に訪れたいパワースポット↓

久高島は怖い?琉球一のパワースポットとは?


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓