「心配して損した」を先取りするとは?

「心配して損した」を先取りするとは?

誰もが持っている不安

あなたに不安はありますか
「とても心配・・・」
そんな風に感じることはありませんか?

[br num=”1″]

不安を感じるのは当たり前。

[br num=”1″]

だれもが不安の種を持っています。

[br num=”1″]

その不安は大きくなったり、小さくなったり。
大きくなりすぎると
仕事もプライベートも手につかなくなるかもしれません。

[br num=”1″]

でも!
ここで、考えてみてください。

[br num=”1″]

すごく不安だったのに、
結局、何も起こらなかった
という経験ありませんか?

[br num=”1″]

実は不安の多くは
「取り越し苦労」で終わってしまうのです。

[br num=”1″]

つまり、心配していても
ほとんどの場合、心配しているような結果にならない
ということです。

[br num=”1″]

つまり、
心配している時間がとてももったいないのです。

[br num=”1″] [char no=1 char=”あずき”]未来は変わるものだし、心配しても損だな・・・[/char]

スポンサーリンク




心配を手放すワークとは

未来になったら、
「心配して損した」と思うことが多いわけですから、
逆に先取りして
「心配を手放す」ことをしてみたらいかがでしょうか。

 
[br num=”1″] 

心配を手放すとは、
・なるようになるさ、と心配することをやめる
結果は神に委ねることにする
などなど・・・。

[br num=”1″]

でも、そんなにすぐには
心配を手放すってできない!
そう思われる方も多いことでしょう。

[br num=”1″]

では、次のワークを実践してみてください。

[br num=”1″]

まず、最近の不安や心配事のリストを作ります。
私の場合は
「体に発疹ができて、病気なのかもと心配した」
「子どもの進路についてどうなるか心配」
といったところでしょうか。

[br num=”1″]

書き出した不安や心配事のリストの項目が
実際に起きたかどうかを振り返ってみます。

[br num=”1″]

ほとんどの場合、心配が無駄だったことに
気づくはずです。

[br num=”1″]

私の場合は
体の発疹は病院で虫さされということが判明。
心配は無駄でした。

[br num=”1″]

もう一つの子どもの件については
考えた通りにものごとが進むかどうかわかりませんし、
何より子どもの考え方や思いもありますので、
今考えても結果はわかりません

[br num=”1″]

それこそ、神のみぞ知る
ですね(笑)。

[br num=”1″]

心配して損した」を先取りして
心配することを手放してみましょう。

[br num=”1″]

すると今をしっかり生きることにつながります。

[br num=”1″]

だって、未来は
今の積み重ねでしかないのですから。

[br num=”1″] [char no=1 char=”あずき”]心配しても、未来は変わらないよね[/char]

今日の言霊

心配しても損したと思うくらいなら
思い切って心配することをやめてみましょう

[br num=”1″]
この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓

error: