占いと相撲の関係?

相撲は神事?

相撲は日本古来のスポーツですが、
もともと神道に基づく「神事」としての側面があり、
占いの陰陽五行の要素をたくさん持っています。。



 

神社でのお祭りでは
天下泰平・子孫繁栄・五穀豊穣・大漁などを祈願して
神事として相撲を行うことも多いです。

 

相撲で塩を撒くのは土俵の邪気を清めるため、
力水」は神聖な土俵に上がるのに口をすすぐため、
 (神社に入るときの手水舎とそっくりですね!)
鎮物(しずめもの)」として土俵の真ん中に
「勝ち栗、洗米、昆布、するめ、塩、カヤの実」の6種類を
半紙に包んで水引で結び埋めます。

 

まさに神事伝統が息づいていますね。

 

あずきあずき

いろんなしきたりもあるんだろうなぁ・・・

スポンサーリンク




相撲は占いの五行に基づく

ところで、土俵の上にある屋根(?)の角についている
全部違う色だということをご存じですか?。

 

あの房には意味があって、
東→青(緑)
南→赤
西→白
北→黒
4色です。

 

そして中央の土俵が黄色

 

いわゆる五行といわれる色です。

 

東は春を、
南は夏を、
西は秋を、
北は冬を表します。

 

ねっ、季節のイメージと色がリンクしてますよね?
ちなみに北原白秋の名前
この五行からきているそうです。

 

では、黄色は何を表すのでしょうか?
黄色は土用を表します。
うなぎを食べる「土用の丑」の土用です。

 

土用とは1年に4回ある、季節の変わり目です。
立春、立夏、立秋、立冬の直前
それぞれ18日ずつあるのです。
ここが黄色なんですね。

 

ちなみに土用の最後の日が節分です。
鬼退治をする日ですが(笑)、
方位でいうと『鬼門』になります。

昔は1年の始まりは春でしたから、
節分が「終わりから始まりにリセットする日」だったことも
関係しているのかもしれませんね。

 

あずきあずき

深いな~。単なるスポーツじゃないんだなぁ・・・

この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓