お盆の意味と注意すること、知ってますか?

お盆は何をする行事?

そろそろお盆休みに入っている方が
増えている頃だと思いますが・・・




そもそも「お盆」って
何をするのでしょう?


休みを取るのがお盆ではないですよ(笑)。


お盆は昔から
日本人にとって欠かせない行事


お盆は正式には
盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。


その昔、お釈迦様が弟子のひとりに
「7月15日に多くの僧や人々に
食べ物を捧げて供養すれば
あの世で苦しむ亡くなった人が救われる
と説きました。


その話がインドから中国、日本に伝わり、
日本古来の祖先を敬う考え方と混じって
現在のような「お盆」としての行事が
根付いていきました。


ご先祖がいたからこそ、
家族や自分が存在することに感謝する・・・


ご先祖や家族について
考えるきっかけにしてみるのもよいかもしれません。


お盆のしきたりには様々なものがあります。


たとえば「精霊棚(しょうりょうだな)」。


ご先祖の霊を迎えるための棚です。


伝統的なものは
ござを敷いて四隅に青竹を立て縄で結んだものや
ひな壇形式のものがあります。


お盆のお供え物も準備します。


代表的なものは
ナスとキュウリに割り箸で足をつけ、
ナスを牛に、
キュウリを馬に見立てるものです。


盆の入りには内側に向け、
盆明けには外側に向けます。

その他、季節の果物や野菜、花も飾って
先祖の霊を迎えます。


あずきあずき

迎える準備はお墓の掃除だけじゃないんだね

スポンサーリンク

迎え火から送り火・・・お墓参りの注意点

そしてご先祖を迎え入れる「迎え火」。

盆の入りの13日の夕方
家の前や庭先で迎え火を焚きます。


ご先祖の霊が迷わないようにするのですが、
一説によると
迎え火の煙に乗って帰ってくるそうです。


迎え入れたご先祖を慰める行事が
盆踊り」です。


賑やかに踊って先祖の霊を慰め
あの世に送るための踊りを踊る・・・


徳島の阿波踊り
岐阜の郡上踊りが有名ですね。


そして盆明けの夕方には
ご先祖を見送る「送り火」。


ご先祖の帰り道をしっかり照らすため、
迎え火よりも長く焚きます


有名なのは京都の大文字焼きです。


お墓参りの時には、
感謝と現状報告をして
お願い事はしない」ようにしましょう。

心配したご先祖が
あの世に戻れなくなってしまいます。


そして15時までには墓地を出ることと
墓地から出るときに振り返らないこと。


霊的なものを連れて帰ってしまうことがあるので、
気をつけてくださいね!


あずきあずき

地方によっては夜に墓地に行くところもあるらしい・・・

今日のことだま

お墓参りは感謝と現状報告を。お願い事は神社です。
墓地は15時までに出て、振り返らない


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓