睡眠の質を上げる方法とは?

睡眠効率を計算してみると・・・

最近、「眠れない」という声をよく聞きます。



 

いわゆる睡眠障害ですね。

 

睡眠導入剤を使って眠っても
睡眠の質は期待できません

 

では睡眠の質を上げるためには
どのようにしたらよいのでしょうか?

 

その前に、自分の睡眠効率を調べてみましょう。

 

やり方は簡単。

布団に入ってから出るまでの時間(横になっていた時間)と
実際に寝ていたな~と思う時間を算出します。

 

「実際に寝ていた時間」÷「横になっていた時間」
睡眠効率になります。

 

睡眠効率が85%以上だと合格です。

 

あずきあずき

僕はいつもグッスリだワン!

スポンサーリンク




睡眠効率を上げる方法とは・・・?

では、実際に睡眠効率を上げるには
どのようにしたらよいのでしょうか?

 

1)日中、活動的に過ごす
 身体が疲れていると、夜眠くなります。
 日中はなるべく活動的に過ごすようにします。

 

2)帰宅途中、車内でうっかり寝をしない
 その日はじめて寝たときに、
 睡眠の中で最も深い眠りが出るといわれています。
 うっかり寝をすると、夜の眠りが浅くなります。

 

3)帰宅途中にコンビニに寄らない
 コンビニには2500ルクス以上の明るさがあり、
 メラトニンの分泌を乱します。
 ブルーライトと同じ作用があります。

 

4)眠る2時間前からスマホは厳禁
 ブルーライトは眠気を誘うメラトニンの分泌を
 乱れさせて、脳が覚醒してしまいます。

 

まずはこれらに気をつけるだけでも
睡眠効率が変わってきますよ!

 

ぜひ、おためしあれ。

 

あずきあずき

僕はスマホを持っていないワン・・・


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓