和柄を使って開運する方法

新生活をはじめるなら和柄がオススメ

小池東京都知事が
オリンピックの風呂敷を
スカーフとして身につけていますよね。



 

その影響もあり、
和柄が注目されています。

 

また、この季節になると
和柄を取り入れるネイルも流行してきます。

 

新生活をはじめる方も多いと思いますが、

 

名刺ケース、ペンケース、ハンカチ、
化粧ポーチ、スカーフなど
新しく揃えるもの
和柄を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

和柄には開運のパワーが秘められています。

 

例えば・・・とんぼ
テニスの錦織選手もトンボの羽根をモチーフにした
ウエアを着ていました。

 

トンボは前だけを向いて飛ぶことから、
昔は「勝ち虫」と呼ばれていました。

 

戦国武将が好んで身につけていたデザインです。

 

前向きに何かをチャレンジしたいとき
トンボ柄を身につけてみると良いですよ。

 

魔除けのパワーが欲しいなら
ひょうたん」がオススメ。

 

ひょうたんは風水では
魔除けのパワーが宿るとされています。

 

中が空洞のものには神が宿る
という言い伝えがあり、
豊臣秀吉が合戦の際に
目印にして天下を取ったのです。

 

勝機を引き寄せたいときや
商売繁盛を願うなら「ひょうたん柄」を。

 

あずきあずき

犬の僕がトンボ柄・・・カッコイイ!


スポンサーリンク




まだある!開運できる和柄

同じく魔除けの作用があるものに
風鈴」や「」もあります。
暑い夏にピッタリの柄ですね。

 

今の季節にピッタリの「桜柄」は
商売繁盛を願うときに。

 

夫婦円満を望むなら
おしどり」が描かれたものを。

 

あの「おしどり夫婦」の語源になった鳥ですね!

 

かつて、おしどり柄は
オスがくちばしをあけた「
メスが口を閉じた「うん
で、阿吽を表していたそうです。

 

おしどりの柄で
あうんの呼吸の夫婦」になる開運柄なのです。

 

こちらは食器やテーブルマットなど
夫婦で過ごす場所に使うとよいですね。

 

子宝に恵まれたいのなら
ウサギ」の柄を使いましょう。

 

ウサギは子どもをたくさん産むだけでなく、
安産なことから子宝の象徴とされます。

 

またウサギは前にしか進めないことから
飛躍・進展の象徴でもあるのです。

 

ポーチやハンカチ、筆箱などに
使ってみましょう。

 

子宝だけではなく、
飛躍の年にしたい方にオススメです。

 

あずきあずき

和柄にはいろいろな種類があるんだなぁ・・・


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓