感謝が幸せにつながる・・・?

人は誰かに支えられている

人は一人では生きていけません



 

誰かに支えられて生きているのです。

 

」という字は
2画目が一画目を支えていますよね。

 

食事するときも
誰かがお米や野菜を作ってくれていますし、
誰かが食料を運んでくれているからです。

 

見えないところで
誰かに支えられています。

 

「いただきます」というのは
食材がもつ命をいただきます
という意味ですね。

 

感謝を込めて合掌します。

 

日本では古来より
感謝を表すしぐさとして
合掌します。

 

手と手のしわを合わせるので
しわ合わせ→幸せにつながるそうです。

つまり、感謝の気持ち
幸せにつながるのですね。

 

スポンサーリンク




心の持ちようが大切

いくら地位がある人でも
感謝の気持ちを持たない人は
人格的にどうか、と思ってしまいます。

 

そんな人は
手の甲と手の甲をあわせて
合掌のつもりなのかもしれません。

 

手の甲と手の甲を合わせた合掌は
手の節と節が合わさることから
節合わせ→不幸(ふしあわせ)
につながるのですから。

 

国会議員の方でも
感謝せずに暴言を吐いて
離党したり、議員辞職したり
という方もいましたよね。

 

では、どんな風に感謝するのか・・・
それは心の持ちようが大切になってきます。

 

自分の行いは
必ず自分に還ってきます。

 

天につばを吐けば
そのつばが自分にかかるのです。

 

孟子も同じ事を言っています。
爾(なんじ)に出ずる者は爾に返る

 

自分一人で生きているわけではありません。
いろんなことに感謝できる
大きな器を持ちたいものです。

 

この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓