印鑑で開運できる方法とは?

名前の画数が悪い人におすすめ

はんこ屋さんに行くと、
よく「開運印鑑」というチラシが
目に付きます。



 

最近では開運系の通販でも
開運印鑑を販売しているようですね。

 

印鑑を買えば開運できるのか?

 

答えはYes、でもありNoでもあります。

 

ただの印鑑では開運できません
では、開運印鑑とはどんなものなのでしょう?

 

たとえば、自分の画数が悪いという方、
名前を変えるというのは難しいので、

 

自分の名前のパワーを補う方法の一つとして、
印鑑を印相で作って名前の画数を調整し、
良い画数にしていくというものです。

 

印相では、印鑑の丸い縁枠に接触する点を1画と
考えていきます。

 

本来の名前の画数+丸い縁枠に接する点
→ 開運画数となります。

 

どの画数にするかは、
その人の願いによって変わってきます。

 

あずきあずき

僕の画数はどうなのか知りたいワン!

スポンサーリンク




印相八方位で、さらに開運する

さらに印相八方位というものがあります。

 

中心からみて
どの方位に接点があるのかによって
その人の充実した運気がどこなのかが
わかるのです。

 

普通の地図と違い、
上が南になります。

 

ですから下は北ですね。

 

さらにそれぞれの方位に
9つの星が配置されており、
自分の星の場所に接点があると良い
と言われています。

 

=九星火星=成功運

 

西南=五黄土星の女性・二黒土星=愛情運

 

西=七赤金星=交友運

 

西北=六白金星=蓄財運

 

=一白水星=住居運

 

東北=五黄土星の男性、八白土星=家族運

 

=三碧木星=希望運

 

東南=四緑木星=仕事運

 

例えば、三碧木星の人ですと
東の希望運が大切になりますので、
ここに接点があり充実していれば、
希望運が良く、人生が安泰します。

 

逆に東に接点がなく充実していなければ、
希望が持てず、不運な人生となるのです。

 

高い印鑑ではなくても、
八方位がキチンとなっていれば、
良い印相の印鑑といえます。

 

良い印相の印鑑を使って
自分の星のある方位にある金融機関
通帳を作りましょう。

 

そしてその通帳は
生活費を入れない通帳にします。

 

金額は大きくても小さくても構いませんので、
毎月の積み立てをします。

 

なるべくお金をおろさなくてもよい金額
設定することがコツです。

 

お守り代わりの通帳
 この積み立てを続けていると、
金運がアップすると言われています。

 

あずきあずき

僕も金運アップのお守り通帳を作りたいワン!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓