占い師が世の中を動かす 前編

ナチスを導いた占星術師

占い師が裏で暗躍し、
政治や社会を動かしている・・・



 

そんな話を聞かれたことがあるかもしれません。

 

今回はナチスドイツを導いたといわれている
占い師についての話し(前編)です。

 

カル・クラフトは
大学で占星学研究をしていました。

 

1939年11月2日、
ナチス国家保安部にいた友人
一通の電報を送りました。

 

「ヒトラーのホロスコープ
11月7日~10日の期間で、
大変危険な兆候が見られる。」

 

爆発物による暗殺も視野にいれて
対策しておくとよいと思う」

 

といった内容でした。

 

そして11月8日、
本当に爆破事件が起こったのです!

 

念のため、簡単な演説で早々に立ち去った
直後の爆発でした。
警戒していなければ、確実に巻き込まれていました。

 

この一件で、カル・クラフトは
ナチスに登用されます。

 

あずきあずき

すごいワン!100%当たる予言だワン!

スポンサーリンク




占星術を使って連勝

それからのナチスは
歴史が物語っているように「連戦連勝」。

 

ナチスもカル・クラフトの占いを
利用していきます。

 

「領土を拡大することが
ノストラダムスの預言や占星術にでており
必然的な運命なのである!」

 

領土拡大の戦争が正しいことであると
占いを使って猛アピールしたのです。

 

実際に攻撃開始日は
占星術で決めていたようです。

 

なぜならドイツ軍の攻撃開始日
ヒトラーの占星術上の吉日
かなりの確率で一致しているからです。

 

ではその具体例について見ていきましょう。

 

・・・とこの先は、後編にて
続きをご覧ください。

 

あずきあずき

早く次の後編を読みたいワン!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓