占い師が世の中を動かす 後編

占い師が世の中を動かす 後編

攻撃開始日とホロスコープの一致

前編に引き続き、
カル・クラフトが占星術を使って導いた
攻撃開始日をみていきましょう。

 

1940年5月10日
ドイツ軍はオランダ、ベルギー、ルクセンブルグの
ベネルクス三国に侵攻を開始(黄色作戦)

 

この日は火星が木星と吉角をとりつつも、
ヒトラーの上昇点に吉角となっている。
※火星は戦いの星、木星は幸運の星といわれる

 

1941年4月6日
ユーゴスラビア侵攻

この日は太陽と金星がヒトラーの天頂の土星と吉角
火星がホロスコープの軸上で、
冥王星、海王星と吉角となっている。

 

ユーゴスラビア侵攻では
ドイツ軍はわずか10日あまり
ユーゴスラビア全土を制圧しました。

 

[char no=1 char=”あずき”]ホロスコープって、すごい力を持っているんだね![/char]

スポンサーリンク




悪いホロスコープも的中

このように連戦連勝のドイツ軍にも
影を落とすホロスコープが表れます。

 

カル・クラフトは
1944年以降のホロスコープの星相は悪いので、
早めに休戦するようにアドバイスしました。

 

しかし、拡大路線をとっているドイツ軍は
カル・クラフトの進言を黙殺しました。

 

実際、ドイツの戦況は不利になってきました。
カル・クラフトの占星術の的中率
素晴らしいものがあったのです。

 

カル・クラフトは他の占星術たちとともに
ドイツ軍に逮捕され、収容所で
44歳の若さで亡くなりました。

 

それはヒトラーが自決する3ヶ月前のこと。

 

カル・クラフトの占星術通りに
休戦していたら
もっと違う運命になっていたのでしょうね。

 

盛者必衰」の言葉どおり、
勢いのあるものは必ず衰えます

 

陰陽の法則も同じですね。

 

でも勢いのある時は、
次のことを考える事もしません

 

勢いがある時こそ、
ダメになった時のことを考えて
先手を打つことが大切です。

 

この逸話から学ぶことも多いですね。

 

 

[char no=1 char=”あずき”]止められないときが止めどきなのかな?[/char]

この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓

 

error: