月のパワーで願い事を叶えるためにはコツがあった


新月・満月の魔法といって、月には願い事を叶える力があります



ただ月に向かってお願い事をするだけでは、叶わないことが多いのも事実。

願いを叶えるためにはコツがあるのです。


新月のパワーを使って願い事を叶えるコツ

旧暦と現在私達が使っている暦とでは時期のずれがありますが、現代は9月7日~10月8日の間に訪れる満月や満月に近い夜の日が「十五夜」「中秋の名月」となります。


この時期は満月ばかりがクローズアップされますが、満ち欠けする月にはそれぞれ意味があり、新月にも大きなパワーがあるのです。


月のパワーで最も有効なのは「願いを叶えてくれる」力。

ただ「○○になりますように!」とお願いしても、実のところ、叶わない…ことが多いです。


月に願い事をするときには、ちょっとしたコツがあるのです。



例えば「新月」。

新月は膨らんでいく月のスタートですから、「再生」のエネルギーがあります。


新しい事をはじめたり、何かを増やしたいという願い事に最適。

また新しくイメージできるものにも向いています。


例えば…
「貯金を殖やしたい」
「成績が上昇する」
「女子力アップ」
「○○が欲しい」
といったような感じです。


あずきあずき

どんな願い事でもいいわけじゃないんだね


スポンサーリンク


願いを叶える満月の魔法のやり方とは

逆に満月は満ち足りた状態ですが、これから欠けていくので、減っていく願い事がよいですね。


例えば
「○Kg痩せたい」
「ストレスを減らしたい」
「悩み事を減らしたい」
「家を片付けてキレイにしたい」
といったような感じです。


新月も満月も、「いつまでにこうなる」と具体的な日にちと願い事を書くことがポイントです。


書き終わったら忘れましょう!

忘れることで、潜在意識の力を使うことができるのです。


月の力は太陽に比べると短期的で小さいので、自分の力で実現可能なことを願う方がよさそうです。

他力本願の願い事は、月のパワーでは足りないかもしれません。


月に注目されるこの季節だからこそ、月のパワーを借りて願い事を叶えてみませんか?


あずきあずき

月のパワーを活かすためにはコツがあるんだね!

今日のことだま

秋は月のパワーが強まる季節。

願いを叶えるパワーを月は持っています。

コツを押さえて、月に願い事をしよう!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓