人間関係をスムーズにするコツとは?

人は3つのタイプに分けられる

人間は、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の
五感を使って、世界を認識しています。



 

内観するときは、
視覚、聴覚、触覚の3つを使って
認識することが多いといわれます。

 

そしてこの3つは、
どれかが優位になっていることが多いのです。

 

例を挙げると
「あなたの高校の卒業式を思い出してください」。

 

いろいろな思い出がよみがえってきますよね!

 

例えば・・・
卒業証書を持ってクラスのみんなと
写真を撮っている姿を思い浮かべる方、、、

 

卒業式で流れた校歌が聞こえてきたり、、、

 

卒業式は暖かく、風が吹いていたなぁ・・・と思ったり、、、

 

いろんなシーンがよみがえってきますよね。

 

どんなシーンが思い浮かんだかによって
あなたはどの感覚が優位なのかがわかります。

 

卒業のシーンが画像のように思い浮かんだ方
 →視覚優位

 

歌や音が聞こえた
 →聴覚優位

 

手触りや温度などが思い浮かぶ
 →触覚優位

といわれます。

 

感覚優位には、それぞれ特徴があります。

 

視覚優位の方
 ・視線が上を向く傾向あり
 ・「話しが見えない」というような視覚についての言葉を使う傾向あり

 

聴覚優位の方
 ・視線を左右に動かす傾向あり
 ・「~のように聞こえる」というような聴覚についての言葉を使う傾向あり
 ・思い出すとき「○○は~と言った」のような表現を使うことが多い

 

触覚(体感覚)優位の方
 ・視線を下に動かす傾向あり
 ・「鳥肌が立つような感じ」というような体感覚についての言葉を使う傾向あり

 

あなたは、どの感覚が優位ですか?

 

あずきあずき

僕は聴覚が優位だと思うな・・・音に敏感だし☆

スポンサーリンク




優位な感覚を知って、学習に活かす方法とは

優位な感覚がわかると、効率的な学習ができますよ☆

 

【視覚優位の方の勉強法】
とにかく目で見える形にすることがポイントです。
例えば、
を使ってカテゴリ分けしたり、下線を引いたりする
(イラスト)を書いたり、チャートを書いてわかりやすくする
動画を見る

 

【聴覚優位の方の勉強法】
耳から入ってくる情報を増やすことがポイントです。
例えば
・教科書や参考書を声を出して読む
音声データを繰り返し聞く
・セミナーなどで相手の話を聞く

 

【触覚(体感覚)優位の方の勉強方法】
体を使ったり、雰囲気を感じることがポイントです。
例えば
・セミナーなどで熱気を感じる
・とにかく書く
体を動かしながら学ぶ

 

などなど・・・

 

家では触覚(体感覚)優位だけれど、
仕事中は視覚優位・・・

 

というように、立場によって優位な感覚が変わる場合があります。

 

また相手がどの感覚が優位なのかを知ることで、
相手の優位な感覚に沿った話し方や伝え方を工夫すると
より効率的に相手に伝わったり
意思疎通しやすくなったりもします。

 

人間関係の中で、
しっかりと役に立つ知識です。

 

まずは身近な人で観察してみてはいかがでしょうか?

 

あずきあずき

僕は飼い主を観察してみるワン!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓