神隠しは本当にあるの?

理由も証拠もない神隠し

ある日、忽然と姿を消してしまう・・・
昔から、神隠しといわれてきました。



 

現在の日本でも
毎年8万人以上が行方不明になっています。

 

昔はやその地域の神域などで
行方不明になることが多く、
神の仕業として「神隠し」と呼ばれていました。

 

日本の各地には、神隠しの有名な場所がいくつもあります。

 

例えば、千葉県の「八幡の藪知らず」。

 

足を踏み入れたものは二度と出られないといわれ、
藪の竹を切ろうとした者は
大けがしたり、変死したりする
という噂がある場所です。

 

神隠しは、ある日突然、人間が消えてしまうのですが、
しばらくして、再び現われることもあります

 

あずきあずき

妖怪が出る場所とも言われてるらしいよ

スポンサーリンク




私の身近にあった神隠し

私の知人の同僚が行方不明になった事件があります。

 

もう30年くらい前になりますが、
ある夏の日、
仕事で3つ隣の市まで出張したそうです。

 

そして、そのまま行方不明になってしまいました。

 

当時は大騒ぎで、マスコミでも報道されました。

 

もちろん、荷物はそのまま
通帳など貴重品もそのまま・・・。

 

ご家族はあちらこちらを探したそうですが、
手がかりも痕跡もなかったそうです。

 

家を出る理由もなかったそうですが、
捜索願を出されました。

 

それから時が過ぎ、
3年経ったある日
行方不明になった本人から家族に連絡がありました。

 

その後、警察署で事情徴収があったそうですが、
本人には、全く記憶がなかったそうです。

 

出張に出かけ、ある道路を走っていた瞬間から
記憶が途切れていました。

 

ふと我に返ると、記憶のない場所から遙か遠く
出張先がある市のとある信号のところで気づいたそうです。

 

「なぜこんなところに居るのだろう?」
不思議に思い、家族に電話されたのだとか。

 

洋服や持ち物など、
すべて出張当時のままだったそうです。

 

結局、記憶も戻らないままでしたが、
職場復帰され、仕事を続けられたのだとか。

 

地元の人は「神隠し」とか
次元の谷間に落ちた」とか
UFOにさらわれていた」とか
いろいろ噂があったようです。

 

結局、何もわからずじまい
神隠し」ということになったそうです。

 

現代になっても、
ウソのような本当の話があるんですね。

 

皆さんの地元では、どうですか?

 

あずきあずき

僕は目に見えないものが見えるから大丈夫だワン!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓