陰宅風水って知ってる?

そもそも陰宅とは?

陰宅」って聞いたことありますか?




ちょっと聞き慣れない言葉です。


「陰宅」があるなら「陽宅」もあるんじゃないの?
と思ってしまいますが、
・・・実は正解です!
陽宅」、あります!


「陽宅」=陽の当たる家というイメージですよね。


そのとおりで、私たちが住む家のことを
陽宅」といいます。


では、「陰宅」。


「陽宅」の対になるものですから、
死んだときに入る家=お墓です!


私たちが住む家には風水があるように
お墓にも風水があります


あずきあずき

陰宅ってそういう意味なのかぁ

スポンサーリンク

理想のお墓とは?

では「理想のお墓」とは
どのようなものでしょうか?


読書が好きだったから
本をモチーフにしたお墓とか、

サッカーが好きだったから
石のサッカーボールがあるお墓とか・・・


故人の希望を叶えたお墓です。


でも・・・ちょっと待ってください。


霊能者の方からみると
イレギュラーなお墓というのは
子孫に影響を与えることも多く、
亡くなった本人が積み上げてきたものまで
なかったことになる場合もあるそうです。


つまり、故人の方の希望=いいお墓
とは限らないということです。


霊能者の方
「生きているときと死んだ後は人格が違います
亡くなった方が安らかに眠れるお墓は
できるだけオーソドックスな方が良いですよ」
といわれていました。


オーソドックスなで、
オーソドックスな石材で、
オーソドックスな骨壺で、
オーソドックスな埋葬をしてあげることが
故人への一番の供養なのですね。


例えば
赤御影石を使ったお墓とか、
骨壺を天然石でつくってみるとか、
他の人と違ったり工夫したりというお墓とか、


これらはNGです。


いくら個性があっても
残された家族(子孫)に災いがおこって
身も蓋もありませんものね。


これから墓地を買って・・・
という方は、
その場所や向き
なるべく普通に、
オーソドックスにいきましょう!


お墓の業者の方やお坊さんでも
ご存じない方が増えています。


「それはダメでしょ!」
ということも平気で言われるお坊さんもいます。


ちょっと信じられませんが、事実です。


良いお墓になると、
子孫であるご家族
平穏に幸せに暮らすことができるのです。


あずきあずき

昔からの方法が良いんだね

今日のことだま

昔から伝わっていることには
ちゃんとした理由があるのですね。


今日のことだまは
オーソドックスな墓相が一番!


この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓