邪気祓いにはヒバ湯が効く?

恐ろしい邪気の作用

人には「気」が流れていますが、
この気のうち悪いものを「邪気」といいます。




邪気が溜まると
・病気ではないのに体が重い
・なんだかだるい
・気分が落ち込みがち
・とにかくツイていない
といった悪影響が出てきます。


邪気を取るには
日本酒を入れたお湯に入るとか
塩を使って祓うとか
いろいろな方法がありますが、


今回はヒバ湯を使った邪気祓いの方法
ご紹介したいと思います。


ヒバは干葉と書きます。


千葉じゃないですよ。
干した葉のことです(笑)。


大根の葉を干したものです。


最近はスーパーでも
葉がついた大根をあまり見かけませんので、
見つけた時に、まとめてつくってください(笑)。


あずきあずき

定期的に邪気祓いするといいよ!


スポンサーリンク




ヒバ湯の作り方

ヒバの作り方は
大根の葉を一週間陰干しするだけ


簡単でしょ!?


ヒバ湯1回分のヒバの量は
大根3~4本分


木綿の袋に入れたヒバを、水に入れ
鍋で15分~20分煎じてお風呂に入れます。
水から煮出します)


水を張ってお湯を沸かすタイプのお風呂なら、
鍋で煎じなくても
水を張った浴槽にヒバを入れるだけです。


このヒバ湯は刺激が弱いので、
体の弱っている方にもおすすめです。


邪気を祓うだけではなく、
冷え症にも効果アリ


大根の気が盛んなのは
10月~6月といわれています。


大根の気が弱る7月~9月は
ヨモギ湯をお勧めします。


ヨモギ湯は、ヒバと同じように
ヨモギを一週間陰干しにしたものでもいいですし、
生でも効果はかわりません


陰干ししておくと日持ちしますので、
そちらがおすすめかな。


ヨモギが手に入らない~!
という方は漢方薬局へGO


1回30g位をお風呂に入れてください。


ヒバ湯もヨモギ湯も
とても効果がありますので、
長湯は禁物ですよ!