守護霊ストップって何?

守護霊は私たちを導く存在

準備を万全にしたはずなのに、



なぜかトラブルに見舞われて動けなくなるときってありませんか?

 

「やる」って決めたのに、
なぜか動くタイミングで邪魔が入る・・・

 

それはきっと守護霊からの「今、動くべきではないとき」
「それをやってはいけないとき」の信号です。

 

これを「守護霊ストップ」といいます。

 

その名のとおり、私たちを守護してくれる「守護霊」。

 

でも守護霊からのメッセージって聞くことができません
(たまにメッセージを聞ける人もいるようですが・・・)

 

守護霊が「それを選択してはダメ」ということを
私たちに教えたいとき、どうすればイイと思いますか?

 

私たちが「何度やってもうまくいかないのは、
きっと縁がないからに違いない」と思わせることが一番!

 

ということで、私たちを諦めさせるための方法が、
うまくいかない」なのです。

 

守護霊ストップを意識するようになるだけで、
「やって良いのか」「やってはいけないのか」
判断がつきやすくなります。

 

方法としては

 

まずやってみる

 

② 動く度に邪魔が入る、ギクシャクする、
何度となくタイミングを逃すという兆候を発見する

 

守護霊ストップと感じ
「守ってもらい、ありがとうございます」と感謝する

 

すべてが守護霊ストップだとはいいませんが、
「縁がない」と感じるときには「やらない選択」も必要です。

 

あずきあずき

やらない選択は難しい~


スポンサーリンク




捨てる技術

この世には「偶然」はありません
すべてが「必然」なのです。

 

「たまたまだろう」と思ったことや
「くだらない」と思ったことにも、
すべて意味があるのです。

 

以前ベストセラーになったこともある
「捨てる選択」も意味があるということですね。

 

「捨てる」ためには、
過去にこだわらないことがポイントになります。

 

「これだけしたのだから、もったいない」
過去をみて決めるのではなく、
「これから先、どうしたいか、どうなりたいのか」
という未来をみて決める事が大切なのです。

 

とはいえ、実際には悩んでしまうこともしばしば

 

「悩んでる時間がもったいない」とはわかっていながら
決められないことって、確かにあります。

 

そんなときは、目を閉じて、
深い呼吸を繰り返します。

 

そして「Aを選んだとしたら、私はどうなるのか」
守護霊に聞いてみましょう

 

その感覚を覚えておいて
引き続き「Bを選んだとしたら、私はどうなるのか」と
守護霊に聞きます

 

Aの時とBの時の感覚は違うはず。

 

軽くて明るい、爽やか・・・といった感覚のときはありましたか?

 

そんな感覚があった方を選択します。

 

重かったり暗かったりする感覚がある方は、切り捨ててOK

 

一度試してみてください。

 

この方法を使うようになってから、
あまり悩まなくなってきました。

 

守護霊ストップがかかる前に守護霊に聞く

 

そして決めたら、すぐに動くことがルールです。

 

あとは守護霊が導いてくれますよ。

あずきあずき

なるほど。未来を見ることとすぐにやることがポイントだな

 

この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓