開運する印鑑に使うと良い印材とは?

印鑑はその人自身を表し未来まで暗示する

日本は印鑑社会なので、
印鑑が登場する場面がよくあります。




宅配便の受け取り
銀行への届け
市役所で書類請求するときにも必要ですよね。


風水では
印鑑はその人自身を表し、未来まで暗示する
といわれます。


よくあるのが
100均で購入した三文判やプラスティックの印鑑


これらを日常使っていると
それなりの人生を歩むといわれます。


いわゆる成功している人
必ずといっていいほど自分の印鑑を持っています


自分を有利に進めるためには
相手よりもパワーをもった印鑑を使うことが大切なのです。


パワーのある印鑑は周りの気を巻き込む力を持っています


また良い印鑑をもっていると
その人自身の信頼度も高まってくるのです。


最近では水晶の印鑑を持つ人も増えてきました。


水晶を含めたパワーストーンの印鑑を使うと
事故や怪我、対人関係のトラブルに
巻き込まれることが多いといいます。


ただし、絵や書など芸術的な作品に押す印鑑
水晶の印鑑がおすすめです。


水晶の印鑑は天からのインスピレーションを受けることができ、
才能を引き出す力を持っています。


芸術的・・・とまではいいませんが
年賀状に水晶の印鑑を使うのもアリですよ(笑)。



あずきあずき

僕も印鑑をもってみたい・・・ワン!

スポンサーリンク




願いを叶える印鑑

人間関係を良くしたいときは、
一度、命の入った印鑑が適しています。


象牙や柘植などですね。


運気を良くしたいときは、
一度、命が入っているもので
なおかつ白いものがおすすめです。


まさに象牙ですね!


象牙の中でも芯の部分だけを使った印鑑
強いパワーを持っています。


お値段も高級になっていきますが(笑)。


リーダーになりたい
成功したい気持ちが強い人は
できるだけ白い印材を使いましょう。


黒水牛の印鑑
地道に頑張り、安定した人生を送ることができます。


ただし、下働きばかり
表に出ることが少ない傾向にあります。


どの印鑑がいいか悪いかではなく
あなたの人生観で印鑑を選びましょう

あずきあずき

僕は黒水牛・・・のような人生?




この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓